2017・05

<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/08 (Fri) 蛙の親は
きのうの夜中に母から「明日ごはん一緒にたべよう」と電話がありました。「トマトソースのスパゲティがたべたい」というので、きのうは夜の1時までぐるなびを検索。きょうはオフィスでは食通の上司にお店を聞き、昼休みにはレストランに予約の電話をかけては「年始は12日から営業いたします」という留守録や「夜は予約でいっぱいで…」という店員さんの声を聞いて過ごしました。

そして、約束の時間の1時間前。お仕事中に母からメールが届きました。「ラーメンたべたい」。しかたなく上司の目を盗みながらラーメン店を検索し、系統の違うラーメン店を何店か見つけてこっそり地図をプリントアウトし、待ち合わせ場所に急ぐと、「面倒だから駅ビルの上でたべよう」。

「せっかくプリントアウトしてきたのに」と訴えたところ、地図の方向へ歩き始めたものの、結局途中で見つけたトンカツ屋さんに「ここでいいわ」と入ってしまいました。そして、おなかいっぱいにトンカツをたべた後、外に出たら鯨料理のお店が。「あら、鯨もよかったわね」。

ずっと昔、家族で食事に出たとき、父は焼肉、母はお蕎麦、私はお寿司がたべたいといい、「まさか園児をひとりで寿司屋に行かせるわけには」と両親が話し合って、父は焼肉屋さん、母と私はお寿司屋さんに分かれて入ったことがあります。年越し蕎麦は毎年、父が天ぷら蕎麦、母が鴨南蛮、私がとろろ蕎麦でした(※家でつくっています)。私の気まぐれマイペースは、環境に育まれたのだとおもう…。

写真は従弟の年越し蕎麦、ちくわねぎ。(バリエーション増えてるし)

soba_chikuwa
スポンサーサイト

2008/12/13 (Sat) nice & dry
もうひとつ、はなび家の定番レシピのご紹介。私はパンの部分が湿ったサンドイッチがあまりすきではありません。サブウェイやドトールのような大きくて乾いたサンドイッチはすきなのですが、コンビニや新幹線の車内販売で売っているミックスサンドのように、薄いパンの間にトマトやレタスやツナが挟まっていて、パンがしなっとなっているようなサンドイッチが苦手です。そんなわけで、小さい頃から遠足も運動会も、お弁当は絶対おにぎり派。どうしてもサンドイッチにしなければならないときには、パンがしなっとしないカツサンドか、写真のバナナサンドを作ってもらっていました。

バナナサンドは、ライ麦パンを軽くトーストし、クリームチーズを塗った上にスライスしたバナナをずらっとのせてつくります。週末のブランチなら写真のようにテーブルでつくってしまうのもありだとおもいますが、すこし時間がたってパンがなじむと別のおいしさがあります。白いパンでなく、ライ麦がおすすめ。おひさまに干したおふとんのように、”しなっ”とは無縁のサンドイッチです。おやつにもどうぞ。

banana sandwich

2008/12/10 (Wed) ”チョコレート”
ここのところ忙しかったせいか、ちょっと立ちくらみがします。鶏レバーの甘辛煮を作ってみました。貧血気味な子どもだった頃、母がよく作ってくれた煮物です。私が嫌いにならないように、うちでの呼び名は「チョコレート」。病院にいって先生に「もう少し鉄分を採ってくださいね」といわれるたびに、「じゃあ、きょうの晩ごはんはチョコレートにしようね」といって、驚かれていました。

彩りと臭み消しのために 本当はにんじんも入るのですが、スーパーに行くにもちょっとふらふらしているので、とりいそぎにんじんなしで鉄分補給。明日はこれで元気になれるよね。

gdp#8: "chocolate"

2008/12/08 (Mon) 空想上の五目豆
一人暮らしを始めてから母さんの料理のバラエティはすごい勢いで広がった。みんなで暮らしていた時から料理は上手だったけど、食卓にはいつも定番のありきたりなものが並んでいた。でも、一人になった母さんの料理は創意工夫がすばらしい。
「家族のごはんっておかしなもの作れないでしょ」
母さんが言った。
「そうなのよ。栄養のバランスと確かなおいしさの保証が大切なのよ。その点一人はいいわよ。失敗して夕飯がなしなんてことになっても、困るのは自分だけなんだもの」
―瀬尾まいこ『幸福な食卓』


『クウネル』という雑誌に、読者のお弁当を写真とコメント入りで紹介する連載があるみたいです。それをひとつの本にまとめた『私たちのお弁当』という本を読みました。

最初のひとのお弁当を見て、心を打ち抜かれました。五目豆…。食べたことがありませんが、いかにもおいしくて体とこころにやさしそうなおかず。レシピ本ではないので、作り方は載っていないのですが、写真を見る限り、干しシイタケさえ買ってくれば作れそう。さっそくスーパーに行き、できたのが下の写真です。

見た目はそれっぽくなったようにおもうのですが、味は想像でつけています。お醤油味で正しいよね?ひとり暮らしなのをいいことに、大抵のものは勘で作って納得して食べていますが、本当の五目豆を知るひとに食べてもらったら、びっくりされるかもしれません。誰か鑑定してみませんか?(笑)

gdp#11: fantasied gomokumame


2008/10/08 (Wed) 肉=牛?
ひっそりと続いているGDP(Good-bye Digestive Pills)プロジェクト、本日のメニューは肉じゃが。これは初挑戦ではないのですが、その気の緩みが反映された仕上がりになってしまいました。はなび家では、肉じゃがには牛肉と男爵芋と糸こんにゃくを使い、彩りにさやえんどうを添えるのが定番なのですが、写真は豚肉。糸こんにゃく、さやえんどうは買い忘れました。うーん。

gdp #5: nikujaga

でも、これの残りをお弁当として持っていって、会社のひとにその話をしたら、「ええっ、肉じゃがは豚でしょ」というひとが多数。肉じゃがの肉は、はたして、豚なのか、牛なのか。Googleで検索してみると、大学の先生の研究発表が見つかりました。曰く。

●関西6府県だけの統計をとってみると、牛:豚=109:2と牛肉の圧勝で、この地域は「牛肉の入っていない肉じゃがは、肉じゃがではない」(大阪府)という意見に代表されるように、「牛肉の天下」と言えましょう。

●全国統計でも、牛:豚=71%:21%と牛肉の優勢は変わりません。ただ、東日本には、「牛肉の肉じゃがが存在することすら知りませんでした」(宮城県)といった声が多いのも事実です。そこで、試みに、第1回目で紹介した糸魚川-浜名湖ラインで区切って統計しなおしてみました。結果は、ラインの東側では牛:豚=38%:62%、西側では牛:豚=88%:12%と、かなりの東西差が見られることが分かりました。

●中には、「北海道ではスキヤキも豚肉」「ここ(福島県)でははすき焼きもブタです」などといった回答も寄せられており、東と西で「豚肉文化」「牛肉文化」の違いが、数字以上にあるように思われます。

―黒崎良昭氏(園田学園女子大学 国際文化学部、助教授)
「方言大学第5回:『牛肉と豚肉~肉じゃがの肉は牛?豚?』


さらに、ハウス食品の調査(平成8年)によれば、大阪では80%以上の家庭で牛肉がカレーに使われるのに、東京では約30%しか牛肉は使われず、代わりに45%近くの家庭で豚肉が使われている。豚肉の入ったまんじゅう(中華まん)のことを関西では豚まんと言い、関東では肉まんと呼ぶ、など、「関西では肉=牛」、「関東では肉=豚」という傾向が見られるとのことでした。私と母は関西に住んだことは一度もないのですが、どうやら父の何かが食卓に影響していた模様…。

ちなみに会社のひとの中には「肉じゃがには白滝でしょ」というひとも、たくさんいました。「糸こんにゃくって何?」というひともいました。糸こんにゃく…白滝より太くて、コンニャク・グレーのたべものです。知ってるよね?うちだけじゃないよね?関西ではたべるよね?身近なものだけに、「これってうちだけ?」な疑問がたくさんでてくるお惣菜。胃が治るかどうかより、そっちがたのしくなりつつあります。次は、おからかな?

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。