2006・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/30 (Fri) 4 or 5
知らないひとの庭先で、花びらが5片のどくだみを見つけました。
撮っていたら、また庭の持ち主に話しかけられてしまいました。

「どくだみなんか撮ってるの」
「勝手にすみません、花びらが5つあるのが珍しくて」
「あら、5つで普通じゃない?」
「普通は4つです、ほら」
「本当ね。長い間庭に生えてたけど気付かなかった。
良いこと教えてもらっちゃったわ」

私こそ、写真を撮らせていただいてありがとうございました。
ちょっとボケちゃったけれど…。

dokudami_five

スポンサーサイト

2006/06/29 (Thu) イタコはじめました
お仕事で会長・社長のお手紙を代筆しています。先日書いた原稿は上司に「ちょっと腰が低すぎない?」と指摘されたので、今回はエラいひとの気持ちになりきり、エラそうさ当社比5%増で書いてみました。日本語が話せない会長のために、日本語、英語の両方で準備。上司に見せたら、「良くできているね。あとは、グローバル本社のCEOの言葉もあったほうがいいかなあ。スピーチから何か抜粋してみて」。グローバル本社のCEO。世界150カ国の姉妹会社の頂点に立つ、ただ1人のひとです。入社3年めの私が、そんなエラいひとの言葉を勝手に伝えちゃったりして良いのでしょうか。そろそろ名刺の肩書きに「翻訳/通訳/イタコ」と付け加えられそうな気がします。どれもおそらく本業ではありません。やれやれ。

2006/06/28 (Wed) ボーダー
月曜日中に終わらせてね、と頼まれていたお仕事が、ようやく終わりました。遅くなった直接の原因は、最終確認をすべきひとが、中国出張でしばらくいなかったから。出張前に声をかけておくべきでした。反省。

最近、複数の部署や社外のひとと関わるお仕事が増えてきています。仕事が終わらなければ、ちょっと残業して頑張ればいいや、が通用しなくなってきました。他のひとのスケジュールや仕事量まで見越して、プラニングとタイム・マネジメントをすること。それを今年後半の目標にしたいとおもいます。そのためには、まず自分のお仕事じゃないものまで引き受けないようにしないと。境界線が必要です。

画像は、今年初めて食べた西瓜。赤、白、緑、黒のコントラストと縞々が、アボカドに負けないグッド・デザインです。毎年こんなに素敵なものを実らせる自然は、ほんとうにすごいね。

watermelon

2006/06/27 (Tue) 「問題な日本語」
北原保雄編「問題な日本語」を読んでいます。言葉を使うお仕事をしているので、堂々と間違えた日本語を使っているのが分かったら冷や汗モノだな、とドキドキしながら読み始めたのですが、今のところ大丈夫そうです。一安心。でも、「独壇場」は使ったことがあります(本来は「独擅場」)。「依存」も「いぞん」と発音しています(本来は「いそん」)。どちらも2通りの言葉や読みが共存していて、新聞でも使われている状態なので、間違いとは言えなくなってきているそうです。言葉は生きもの、大多数が白を黒と言えば、黒も正解になっていくものなんですね。そのうち「ふいんき」と入力しても「雰囲気」と変換するパソコンや携帯が普通になっていくのでしょうか。どれくらいのスピードで「間違い」が普及するのか調べたら、面白そうですね。

2006/06/26 (Mon) 高濃度
最近話題の高カカオチョコレート。苦くて食べ切れなかったら悲しいので、自分で買ったことがなかったのですが、コンビニでお手頃なアソートパックを見つけてしまいました。普通に売られている72%、86%、99%に加え、アソートパックだけのオリジナル、80%が入っています。牛乳を隣に置いて、72%からスタートしてみました。72%は、普通のビターチョコと変わらない印象。80%になると、かなり甘さが控えめです。86%になると、ほとんど甘みを感じません。99%はチョコレートというより、固めたココアパウダー。ココアを作っているときに指先についたココアパウダーをなめちゃったような味がします。私の好みは80%くらいです。でも、80%かミルクチョコレートか選べといわれたら、ミルクを選びます。ぺったんこなお腹への道のりは遠そう。

ところで、同じお店で、極辛カラムーチョも見つけてしまいました。辛さ8倍、カラムーチョ史上最高の辛さだそうです。世の中、どんな味でも高濃度がブームなのでしょうか。普通のカラムーチョでもお腹が痛くなったことがあるので、今日のところは買わずに帰りましたが、冒険心がくすぐられています。1日3枚とか、決めて食べれば大丈夫かな。気になる、気になる。

darkchocolate

2006/06/25 (Sun) 「RENT」
ともだちと映画「RENT」を観ました。1996年にブロードウェイで初上演され、4つのトニー賞、3つのオビー賞、6つのドラマデスク賞、ニューヨークドラマ批評家協会賞、ピュリッツァー賞と、数々の賞を受賞してきたヒット・ミュージカルです。映画には、ほとんどのオリジナル・キャストが出演しています。映画としても、ミュージカルとしても完成度の高い作品になっているとおもいます。

中でも圧巻は、キッチュなドラッグクイーン「エンジェル」を演じるウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア。映画の初登場シーンでは男性の服装をしていますが、白黒の世界に色鮮やかなインクを落としたかのような、鮮烈な華があります。"Today 4 U"でのパワフルさ、"I'll Cover You"でのハッピーな笑顔、どちらも溜息が出るほど可愛いです。私も見習わないと…。

あとひとりのイチオシは、レズビアンの弁護士「ジョアンヌ」を演じるトレイシー・トムズ。しなやかに伸びる声を持った人で、"Seasons of Love"のソロにはシビれます。予告編でそのソロを聴いて、映画を観てしまったと言っても良いくらいです。同じ美声で歌う"Tango:Maurine"は、違う魅力でいっぱい。恋に落ちたひとの情けなさがひしひしと伝わってきて、気の毒だとおもいつつも笑ってしまいました。

2時間半、ほぼ歌いっ放しの映画ですが、長さを感じさせません。渋谷bunkamuraル・シネマ他、全国で公開中です。歌のすきな方、今日を生きることの大切さを感じたい方へおすすめです。そして、全世界で4030万人以上の感染者がいると言われるHIVについてもっと知りたい方はこちらへ。知ることで守れる命や心もあります。

pink_ingarden

2006/06/24 (Sat) 紫陽花の庭で
久々に晴れたので、カメラと近所をお散歩しました。商店街の外れの庭先で、咲きかけの紫陽花に出会いました。蒼になる前の浅い緑。可能性のいろ。

gakuajisai


そして、こちらは大人の紫陽花。重なり合う蒼と、細かなしわが、和紙のような風合いです。思わず指先で触れて、生きている花だと確かめたくなります。

ajisai_closeup


無心に写真を撮っていたら、隣に庭の持ち主が立っていました。

「写真が好きなんですね。良かったらもっと中に入って撮っていきなさい。
今日は光がいいから」。

紫陽花の庭の持ち主は、キャノンで自分の育てたお花の写真を摂るのが趣味の、年配の男性でした。ひとしきりご自慢の庭を見せていただいた後、町に引っ越してきて半年程だと話すと、区内の写真スポットを網羅した「お散歩マップ」を下さいました。小さなブックレットにおさめられた写真の何点かは彼が撮ったものだそうです。

「今日はもう晩いからお引止めしませんが、また遊びにいらっしゃい」

柔らかな笑顔で誘って下さった紫陽花氏。心強い写真ともだちがまた増えました。

2006/06/23 (Fri) ガソリン
6月だというのに、蒸し暑いですね。もともと水分をたくさん摂るほうですが、最近は駅のキオスクで飲みものを買わないと、会社に行けない・家に帰れないようになってきました。今からこんなことでは、7月や8月はどうなることやら。せめて画像は涼しげに、お気に入りのクリスタルガイザー。最近は他にもいろいろ無糖のスパークリング・ウォーターが売られていますが、炭酸が強めなのに全然甘くない、これがいちばん好きです。夏の私のガソリン。

crystalgeyzer


2006/06/22 (Thu) 対策会議
よく笑い よく泣き よく怒り
よく考え よく見て よく聞く
そんですべては 結果オーライ
夕焼け空がきれいじゃない
よく転び よく起き よく滑り
よく働き よく食べ よく寝る
心配事はおいてこい
ここから先は”よし、また明日考えようか!”
あそぼう、まずはそれから
―ウルフルズ「あそぼう」


たくさんの問題を抱えてかなり一生懸命生きてきたのですが、バテてきました。広い野原に散らばる羊を集めようとして、走って走って疲れてしまった牧羊犬の気持ち。こんなに走ったのに、ちっとも羊が集まっていないのは、どういうわけか。神楽坂saryoの「焼き生麩の豆乳ソフト添え」を食べながら、ともだちに一緒に考えてもらいました。

思いついた対策は、大きく分けて5つ。①羊を追わず、ただの犬として生きる、②一度に追う羊の数を減らす。(仔羊から1匹ずつ)、③羊を追うための基礎体力をつける、④仲間の犬を呼ぶ、⑤羊に協力を請う。性格的に①はできず、⑤は状況が許してくれないような気がしますが、②~④は行けるかも。疲れきって足のあいだにだらんと垂れていたしっぽが15度くらい上がったような気がしました。とりあえず、③、④のために、日曜に遊ぶ約束をしました。これで日曜までわくわくして過ごせるね。ありがとう。

namafu_perfait

2006/06/21 (Wed) ヒトの手も借りたい
横浜の猫さんたちに「かかってこいや」宣言をして5日。道端にしゃがみこんで花の写真を撮っていたら、東横線の先の先、目黒の猫に、どすっと体当たりされました。早い。猫の情報網、なかなか侮れません。

ところが、今日は残念ながら煮干のない日。週末のおでかけのときに鞄から出したまま、入れ忘れていたのです。あげるって言ってたのに、ごめんね…。

心の中で謝っていると、彼はおもむろに私の前に座り、耳をばりばりと掻き始めました。「ここ、カユいんだけどイマイチあしが届かないんだよ。頼むよ、はなび」。そう言われた気がして、指先でぽりぽり掻いてあげたら、彼はものすごく嬉しそうに私にからだを擦りつけ、ジーンズを毛だらけにして去っていきました。喜んでもらえたようなら、結果オーライ?私の部屋で何か跳ねていたら、きっと彼からのギフトです。ともだちの皆さん、気をつけてね。

cat_kayui


2006/06/20 (Tue) cross your fingers
草むらの中の十字架、
毒の名を持っても白く咲き誇る花、
だいすきなひとやもののために、
もっと強く優しく生きる方法を教えてください。

dokudami

2006/06/19 (Mon) manifesto
”愛してる”の響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて
ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ
いつかまた この場所で君とめぐり会いたい
―SPITZ『チェリー』


空気を入れすぎた風船が弾けとぶように、心の中からつらいことがあふれだして、午前2時過ぎに複数のともだちにメールを出してしまいました。もともと、つらいときにはひとりで泣くことを選ぶ性質。ともだち相手のメールは23時を過ぎたら慎むほうです。まさに生まれてはじめての暴挙でした。

メールを出して、数分。こんな時間に、まさか誰も起きていないだろうとおもっていましたが、どうしたの、どうしたのと次々と返信がきました。

最初にメールを返信してくれたともだちは、翌日朝から授業のある学生さんだというのに、3時半近くまで私を励ましつづけてくれました。夏休みになったら、北海道にラベンダーを見に行こうねと、希望をくれました。勉強のしかたを教えて無事に卒業できるようにしてねと、使命までくれました。

次に返信してくれたともだちは、ご飯を食べよう、と誘ってくれました。

朝起きてからメールに気付いたともだちは、何回も何回も電話をくれました。

他のともだちも、どうしたの、何かあったのと、優しい言葉をかけ続けてくれます。
君みたいな強くて優しいひとに頼られるなんて、誇りにおもうよと言ってくれます。

ありがとう。私はちっとも強くも優しくもないけれど、あなたたちがそういってくれるなら、もっと強く優しくなれるような気がする。生きていけるような気がする。

いてくれて、ありがとう。私はあなたたちに出会えて、とても幸せ。

sakura_twin

2006/06/18 (Sun) 灰の中の涙
同じ齢のともだちと、「ポンペイの輝き~古代ローマ最後の日」という展覧会に行きました。ポンペイは西暦79年、ヴェスヴィオ山の噴火で埋没した都市。溶岩や灰に厚く覆われた街並みは、18世紀に発掘が始まるまで、歴史に忘れ去られていたといいます。

この展覧会は、かつてヴェスヴィオ山周辺の暮らしを彩っていた壁画や宝飾品、彫像など400点あまりの出土品を集めたもの。突然の噴火に貴重品を身につけて逃げようとしたのでしょうか、金貨や宝石が目立ちます。荷物をまとめる時間すらなかったのか、家の鍵とランプだけを持って死んでいた家族もいます。傷を負った人の助けになると考えたのか、医療器具を持っていた医師もいます。無事に避難することを祈ってか、小さな神さまの像を持っていた若い女性もいます。彼らには、お金も宝石もいらなくなってしまったのに。帰る家も、光を見る瞳も、癒すべきいのちも失ってしまったのに。

私が生まれる1900年も前の悲劇にすっかり悲しくなってしまい、もやしばかり出てくるカフェバー「もやし」特製のノンアルコールカクテル「ビタミンキング」を飲んでも、元気が出ませんでした。

「他のともだちは博物館とか展覧会に誘っても、そんな古いものどうだっていいよっていって、あんまり来てくれないんだよ。はなびちゃんくらい現代離れしたひとじゃないと」と、ともだちがご指名でお誘いをかけてくれたのは嬉しかったのですが、次回はもうちょっと明るい展示にしてもらおうとおもいます。アンパンマンの世界展とか。

「ポンペイの輝き~古代ローマ最後の日」は、渋谷・bunkamuraミュージアムで6月25日まで開催中です。時を経ても褪せることのないローマ文化の粋と、人のいのちの儚さが感じられる展示です。ご興味があればどうぞ。

moyashi_cocktail

2006/06/17 (Sat) ±20
中学の頃からのともだちの家に遊びにいきました。彼女の小さなお姫さま、王子さまもすっかり大きくなっていて、たくさんいろんなお話を聞かせてもらいました。例えば、

・ウルトラマンは男の子だからキックできる
・ちぃちゃん(お姉ちゃん)は女の子だけどキックできる
・おえかき先生に書いた線は消すことができる
・マジピンクはのりものにのって合体することができる

般若心経然り、マジピンク然り、20歳以上歳の差があるひととたまに話すと、視野が広がってためになります。心の温かくなる時間をくれて、ありがとう。だいすきだよ。

画像は先日の芍薬。同じものも違う場所から見れば、こんなにも見え方が違う。いろんな距離、いろんな角度から見る姿勢を失いたくないとおもいます。どんなときも、どんなものに対しても。

shakuyaku_three

2006/06/16 (Fri) かかってこいや
時間帯のせいなのか、駅からの帰り道によく猫に会います。徒歩4分の道のりに4匹。実に毎分1猫のペースです。今日はぶちの猫が寄ってきてくれました。せっかく近寄ってきてくれているのに、何もあげられないのは残念です。スーパーで煮干を買いました。これで準備は万全。いつ猫に会っても大丈夫です。横浜の猫たちよ、どこからでもかかってこいや!

niboshi


2006/06/15 (Thu) 濡れても乾いても
ホットケーキ以上に愛せるお菓子はないだろうとおもっていましたが、最近になって強敵が出現。マンナビスケットです。私が生まれる50年近く前から(!)親しまれていたという歴史。7ヶ月頃から食べられる優しい口どけ。おまけにカルシウムたっぷり。こんなに素敵なお菓子があって良いのでしょうか。母に話したら、「はなびは好きだろうとおもってたわ。ホットケーキが乾いたような味だから」と言われました。確かに。

manna


2006/06/14 (Wed) シェフレラ
ルームメイトができました。熱帯に生まれ、光の少ない場所でも、寒い場所でも強く生きるという彼は、身長25cm、緑の葉が心強いシェフレラ。日本ではカポック、イギリスではアンブレラ・ツリーの名前で知られているそうです。ものの本には環境への順応性が高いと書いてありましたが、お引越し直後はいろいろ気を遣うのではと、朝ごとに日当たりの良い窓際に移してみたり、話しかけてみたり、試行錯誤をしています。今日はお近づきのしるしに、私は麦茶、彼は液体栄養剤で飲み交わしてみました。この場所と私を、気に入ってくれると良いのだけれど。

kapock


2006/06/13 (Tue) LIG
1989年、ジェイコブス兄弟は自作のTシャツを手に、アメリカ東海岸の学生寮を売り歩く旅に出た。食べるものといえばピーナツバター&ジャムサンドばかり。バンに寝泊まりし、シャワーもろくに浴びられず女の子には相手にされない…。5年間そんな毎日が続いた。

1994年、途方にくれていた兄弟は最後のチャレンジにしようと、やっと集めたわずかな資金をはたいてキャラクター、ジェイクを生み出した。すると、これが大当たり。にっこり笑顔の愉快なヤツのおかげで兄弟の未来は明るくなった。

それから10年。自然に親しみ、アウトドアやスポーツを楽しむジェイクと愛犬ロケットの自由な姿を通じて、Life is goodは世界中にポジティブなメッセージを送り続けている。売上の一部は福祉団体に寄付。「いいこと」をするのもブランドのモットーである。
― Life is good 製品タグ


アウトドア用品ブランド、Mont Bell で、サングラスをかけたロケットの柄のタンクトップを買いました。試着してみたら胸囲がぶかぶかだったので、いくつかサイズを下げ、ふと気付いてタグを見たら、表示は「140cm」。もしかしなくてもキッズサイズです。自分の胸のなさに愕然。帰り道に寄せて上げるブラも買いました。それも人生。

好きなこと、しよう。自分のしていること、好きになろう。そんなメッセージを伝えてくれる”Life is good”についてもっと知りたい方は、公式ウェブサイト(英語)へ。

lifeisgood

2006/06/12 (Mon) Dr. Makigami
左目のコンタクトをなくしてしまいました。めがねも持っているとはいえ、ちょっと不便。上司に断って会社を抜け出し、眼科に行くことにしました。

ところが、夕方の会議が長引き、眼科の受付に走りこんだときには受付時間5分過ぎ。めがね越しの大目に見てください視線も無駄に終わり、予定より早く帰社しました。首を傾げる上司に事の顛末を説明すると、「はなびさん、それはラッキーだったかもしれないよ」と彼。何でも、私が行こうとしていた眼科は、社内で噂のヘンな病院だったらしいのです。月曜日から水曜日にいる女医さんは、明るい茶色のゴージャスな巻き髪にピンクの口紅。ネイルアートばっちりの手で診察してくれるそうです。そして、彼女のいない木曜日にいる男性のお医者さんは、日焼けした顔に白い歯が眩しく、手首には細い金鎖が光っているのだとか。「だから、他の病院を教えてあげるよ」と上司は言ってくれました。Dr.巻き髪やDr.金鎖、見てみたい気もしますが、ここは上司の思いやりに感謝しようとおもいます。それにしても、本当だったら凄い話だ。

画像は母の育てたばら。

rose_tsubaki

2006/06/11 (Sun) 家族のいろ
実家に衣替えに帰ったのを機に、ちょっと早めの「父の日」を祝いました。薄い青とグリーン、グレーのチェックのシャツを、父は喜んで受け取ってくれました。

私の家には、家の中にもバルコニーにも常に花があふれています。どんな季節でも、どんな日でも。小さな頃からいつもそこにあったので、それが普通で当たり前のことなのだとおもっていました。離れて初めてわかる、その価値。

shakuyaku_closeup


2006/06/10 (Sat) sommelier
「私が何を飲みたいかきいてくれた?」
「いや、聞いてない」
「じゃあわかっておいて。あなたと一緒にいる人をちゃんと存在させてあげて。その人のことを考えてあげて。その人がほしがっているのがウィスキーなのか、ジンなのか、コーヒーなのか考えてあげて。その人が何を飲みたいのか、聞いてあげて」
「君は何が飲みたいんだい?」
「ワインよ。一緒に、同じものを飲んでほしいの」
―パウロ・コエーリョ 『11分間』


ともだちにたくさん話を聞いてもらいました。私はいま、喉が渇きすぎて、自分がほしいのがウィスキーなのかジンなのか、コーヒーなのかも分かりません。彼のグラスから、ひとくち。彼女のカップから、ひとくち。そうしているうちに、いつか自分のワインが見つけられるかな。

画像は、お散歩中に見つけた愛。

ai

2006/06/08 (Thu) ばっちり
内線電話を取ったら、憧れのチームリーダーでした。

「はなびさん、資料ありがとう。良くできてるけど、細かいところちょっとだけ直してほしいんだ。今から席に行ってもいい?画面見ながら話そう」

あなたに褒められてしまったら、ちょっとくらい忙しくても、席に来るななんて、言えません♪私の肩ごしにスクリーンを眺め、ときどき手を伸ばしては不器用にキーボードを叩く彼と、楽しい10分間を過ごしました。最後に満面の笑みで、

「ありがとう。これでばっちり!」

自分が尊敬するひとからの「ありがとう」って、ちょっと誇らしいね。

pinkflower

2006/06/07 (Wed) クローバー
小さい頃、クローバーでよく花冠をつくって遊びました。家の近くには白いクローバーばかりで、赤いクローバーはほとんど咲いていませんでした。だから、赤いクローバーを花冠につかうときには、できるだけ根元のほうから摘んで、途中で切れたりしないように丁寧に編みました。今でも赤いクローバーを見ると、あの緊張感を思い出します。濃い花の香り、すこし湿った葉の手触り。私はすこし遠くに来すぎたような気がします。

redclover

2006/06/05 (Mon) ソフトクリーム未満
好奇心が過ぎて筋肉痛です。ことの始まりは、スポーツクラブの行列。私がときどき行っているスポーツクラブでは、ランニング・マシンが人気です。週末には順番待ちの行列ができるほど。

ラーメン然り、ケーキ然り、行列ができていると、大して興味がなくても良いもののようにおもえてくるのが人間というものです。自分の体力も顧みず、行列の最後に並んでしまいました。そして走り出して数分後、マシンの前面にある液晶モニターに、速度や時間、走行距離にならんで、飴玉の絵が表示されているのに気付きました。どうやら「あなたはいま飴玉1個分のカロリーを消費しているところです」ということを教えてくれているものらしい。

しばらく経つと、飴玉の絵が消えて、カフェオレの絵が表示されました。それなら次はミルクだったり、クッキーだったりするのかなあと興味を持って見ていると、カフェオレが消え、出てきたのはメザシ1匹。…なかなか意外な線を攻めてきます。というか、メザシって最低でも2匹は食べませんか。1匹と言われましても。

と胸の中でつっこみを入れるうちに、最初に設定した15分が過ぎようとしていました。好奇心が生きる原動力のはなび、このままでは引き下がれません。メザシの後も見たい。10分延長。その甲斐あって、メザシが消え、ソフトクリームが表示されました。敵(?)は甘いもの路線に戻った様子。が、そう見せて次はアジかもしれません。意表をついてコブの佃煮の山盛りとかかもしれません。油断できません。次を見るまでは。しかし、ソフトクリームが粘るんです。8分走っても次の絵が出ません。何でこんなに高いのか、ソフトクリームの壁。

目の前が暗くなってくらくらしてきたので身の危険を感じて走り止めましたが、今も気になってしかたありません。でも、ふくらはぎと腰が痛くてしばらく再挑戦できそうにありません。気になるよう。

ところで、私のこの日のエクササイズの消費カロリーって、結局のところどれくらいだったんでしょう。絵に気を取られていて、メザシ以上、ソフトクリーム未満ということしか分かりません。夜に食べたチョコレートで台無しですか。多分そうですね。良く分からないけれど。

好奇心も度を過ぎると目的を見失うというお話…。

akutagawa_chocolate


2006/06/02 (Fri) 眠れない夜には好きなものを数えて
空、やわらかい風、犬の足のうら、猫の耳、本の匂い、シーツに残るおひさまのぬくもり、彼女たちの笑い声、光に向かって伸びる葉っぱ、私に触れる彼の手、水たまりに映る雲、ミルクティー、焼きたてのパンの香り、カメラのシャッター音、お風呂、ラムネの中のビー玉、夕方と夜のあいだの青、足を焼く砂、あのひとの目じりのしわ、アザラシの鼻のあな、変イ長調、チョコレート、仔犬のしっぽ、シャボン玉に浮かぶ虹、空豆の緑、ひなたぼっこ、おやすみのキス、西瓜の縞、大きな雪だるま、木漏れ日、大きな窓、ありがとう、大丈夫、だいすき、ここにいるよ、お安いご用さ、ルビンシュタインのピアノ、ヨーヨー・マのチェロ、ほころびかけた蕾、午後の美術館、芝生の上で食べるおむすび、海外からの絵葉書、散る桜、八重のバイカウツギ、猫柳、見知らぬひとのやさしさ、野菜の面取り、ピンクベージュのマニキュア、具沢山のスープ、痛いのいたいの飛んでいけ、ベルベットとスウェード、お漬物をかじる音、湯気、焼いたマシュマロ、樹の皮の手触り、どんぐり、図書館の端の椅子、上を向くペンギン、照れた笑顔、幸せな寝顔・・・。もっと好きだよ、みんなだいすきだよ、だいすきだよ。

wakaba

2006/06/01 (Thu) おまじない
職場のお兄さまがた(50代男性&30代男性)とお弁当を食べました。歳の離れたひととランチをすると、同年代ではまず出ない話が聞けて面白いです。本日の話題は、般若心経。

・般若心経は、西遊記の三蔵法師のモデルである玄奘三蔵が翻訳した。
・般若心経は266文字。その最後は18文字のおまじないで締めくくられている。
・そのおまじないを唱えると、残り248文字分の深い智恵が思い出せる。
・だからそのおまじないだけでも覚えよう。

というようなことを教えてもらいました。何かこう、先輩にテストのヤマを教えてもらった気持ち。ココ↓がヤマだそうですよ。

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ギャーテー ギャーテー パーラーギャーテー
パーラーサムギャーテー ボーディスヴァーハー

(悟れる方よ、悟れる方よ、
真理を悟れる方よ、すべての真理を悟れる方よ、その智慧は素晴らしきかな)


残り248文字を読んだことすらないと、唱えてもさすがに何も思い出せませんが、音の響きにリズムがあって、何となく気分が良くなる感じがします。クラシック音楽や美術品、古い建造物もそうだけれど、時代を経て残ってきたものは偉大ですね。

参考文献:「いい葬儀」http://www.e-sogi.com

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。