2006・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/18 (Sun) 灰の中の涙
同じ齢のともだちと、「ポンペイの輝き~古代ローマ最後の日」という展覧会に行きました。ポンペイは西暦79年、ヴェスヴィオ山の噴火で埋没した都市。溶岩や灰に厚く覆われた街並みは、18世紀に発掘が始まるまで、歴史に忘れ去られていたといいます。

この展覧会は、かつてヴェスヴィオ山周辺の暮らしを彩っていた壁画や宝飾品、彫像など400点あまりの出土品を集めたもの。突然の噴火に貴重品を身につけて逃げようとしたのでしょうか、金貨や宝石が目立ちます。荷物をまとめる時間すらなかったのか、家の鍵とランプだけを持って死んでいた家族もいます。傷を負った人の助けになると考えたのか、医療器具を持っていた医師もいます。無事に避難することを祈ってか、小さな神さまの像を持っていた若い女性もいます。彼らには、お金も宝石もいらなくなってしまったのに。帰る家も、光を見る瞳も、癒すべきいのちも失ってしまったのに。

私が生まれる1900年も前の悲劇にすっかり悲しくなってしまい、もやしばかり出てくるカフェバー「もやし」特製のノンアルコールカクテル「ビタミンキング」を飲んでも、元気が出ませんでした。

「他のともだちは博物館とか展覧会に誘っても、そんな古いものどうだっていいよっていって、あんまり来てくれないんだよ。はなびちゃんくらい現代離れしたひとじゃないと」と、ともだちがご指名でお誘いをかけてくれたのは嬉しかったのですが、次回はもうちょっと明るい展示にしてもらおうとおもいます。アンパンマンの世界展とか。

「ポンペイの輝き~古代ローマ最後の日」は、渋谷・bunkamuraミュージアムで6月25日まで開催中です。時を経ても褪せることのないローマ文化の粋と、人のいのちの儚さが感じられる展示です。ご興味があればどうぞ。

moyashi_cocktail
スポンサーサイト

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。