FC2ブログ
2006・09

<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>

2006/09/11 (Mon) 9.11.
5年前の今日、私はNYの片隅にいました。世界貿易センターから飛行機で1時間ほどもかかる田舎の町でしたが、悲しみと恐怖と混乱が、瞬く間に空気を染めていくのを見ました。携帯を手に持ったまま、泣き崩れるひとがいました。大学のホールで、教室で、図書館で、カフェテリアで、ブックストアで、TVが同じ映像と音を流し続けていました。炎につつまれる飛行機。ウェハースのように崩れるビル。落下する男性。画面の下には、死者や行方不明者の名前が、さらさらと流れていました。やがて、髭の男性が現れました。アクシス・オブ・イヴィル。ことばが矢印を書くのを見ました。あなたたちを傷つけたものは、ここにいる、と。

イスラム圏からの留学生には、ひとりで歩くなというメールが、学長から届きました。チャペルには白いシーツが置かれ、人々のこころが黒いインクで記されていきました。ゴッド・セーブ・アメリカ。新聞の誌面に、インターネットに、街角に、星条旗が翻りました。鷲と星をあしらったシールやハンカチが、スーパーマーケットやドラッグストアに並びました。消防士と兵士が子どもたちのヒーローになりました。戦争が起こされていくのを、見たのだとおもいます。

それから5年、沖縄の米軍基地の近くの保育園で、アメリカ人の子どもたちの保母をしているともだちが、メダカを飼いはじめたそうです。子どもたちが喧嘩をする、自分の権利と自由を主張してやまない、だから「自分」以外のことも考えてほしいの、そう彼女はいいました。9.11は私にとって思い出すのがつらい記憶です。でも、覚えていようとおもいます。語ろうとおもいます。祈ろうとおもいます。メダカを愛せる未来のために。明日になっても大切なひとが生きていて、空が青くて、風が吹いて、雨が降って、花が咲いて、葉が伸びて、鳥や虫が飛んで、魚が泳ぐ、あたりまえの毎日のために。世界は、こんなにもきれいなんだよ…。

peace
スポンサーサイト




カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ