2006・12

<< 11 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 01 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/31 (Sun) ひとつだけ
2006年もあとすこし、楽しいことも、かなしいこともあったけれど、
最後におもいうかぶことばはひとつだけ。

ありがとう。

また来年。

rose

スポンサーサイト

2006/12/29 (Fri) うちなーんちゅ
沖縄で保育士をしているともだちと、自由が丘の沖縄料理のお店にいきました。ともだちは世田谷区で育ったひとなのですが、耳が良いのでどんな言葉でもするするっと耳コピーしてしまいます。沖縄のことばも1年でほぼネイティブ。

そのおかげで、今日のお店でも、沖縄出身の店員さんに「よくいるんだよ、沖縄出身で東京のコのふりしたがるのが」とかなり本気で間違われていて、笑ってしまいました。「戻ってきたら東京の車が速くみえる」とともだちがいうので、「私も(アメリカから)戻ってきたときエスカレーターが速くて乗れなかった」と話したら、私まで「ここでは東京のコのふりしなくていいよ…」といわれるしまつ。ほんとうに東京は速いんですよ、何でも。住んでいると気づかないだけで。もっとゆっくりいこうよ、ね?

2006/12/28 (Thu) ゴール♪
25日までのお仕事も、26日までのお仕事も、27日までのお仕事も、今日までのお仕事も、終わりました。仕事納めの最後の一瞬まで忙しかったのなんて、入社以来初めてでした。冬休みがしみじみと嬉しいです。最後の1週間は3時間に1回フリーズしていた私の戦友、IBM君も、ようやくお休みです。今年もありがとう。来年もよろしくね。

cosmo world #1

2006/12/24 (Sun) プライオリティと配分と
仕事もがんばって、家族にもプレゼントを買って、今年の年末も最後まで笑って完走できるかとおもったら、最後の最後で疲れ果てて泣いてしまいました。いつも、いろんなところで無理をしすぎて、ほんとうはいちばんやさしくしてあげたいひとに甘えてしまいます。やさしいひとは、泣いてもいいよといってくれるけれど。あなたの泣き顔が見られるのはわりと特権だよといってくれるけれど。いつも、泣いてしまってから、後悔します。だいすきなひとの前で、きちんと笑顔でいられるよう、他のひとたちの前でも、ちょっとずつ泣けるようになるといいな。

christmas tree #1

2006/12/22 (Fri) ふらり夜の横浜
ふらふらです。が、イルミネーションをみようね、と何週間も前から約束していたひとがいます。ランチタイムにめまいがしてしまい、よほどキャンセルしようかとおもったのですが、イルミネーションが見たかったようとおもいながらベッドに倒れこんでいる自分を想像したら、涙が出そうでした。クリスマスなのに。みんなで過ごす、楽しい季節なのに。仕事に疲れてひとりで寝ている場合じゃないです。

むりやり仕事に決着をつけ、馬車道へ。赤レンガ倉庫、みなとみらいと光のなかをゆっくりお散歩し、インドネシア料理を食べ、ちょっとはやめのクリスマス・プレゼントをもらい、からだはへとへとのままだけれど、こころは元気にしてもらいました。ありがとう。来られてよかった。ありがとう。

red brick warehouse & tree

2006/12/21 (Thu) はいっ、次
15時までに130ページ終わりました。次は金曜締切のお仕事2本。それが終わったら、月曜日締切のお仕事1本。その次も控えています。スケジュール管理はばっちりしているつもりだったのですが狂い気味です。50M走の速さでマラソンしているような気がしてきました。野菜が食べたい。

santa clauses

2006/12/19 (Tue) 泣いても笑っても
23時半まで残業をしていたら、人事取締役につまみだされました。大体19時半頃までは電話が鳴ったり、ひとが訪ねてきたり、メールがどっさり入ってきたりで、書きもの、読みもの系を集中してできないのが実情。夜の時間におめこぼし願えないと進みません。あと40ページ。泣いても笑っても明日1日。

christmas tree #3

2006/12/19 (Tue) 背徳の夜
三軒茶屋のビストロでお食事をしました。スパークリングワインと牡蠣の温製、オニオンスープ、鹿のロースト、赤ワイン、黒蜜のムースをお腹いっぱいいただきました。鹿肉は癖があるのでしっかり火を通してしまうお店が多いのですが、行ったお店ではきれいなばら色にロティされていて、とてもジューシーでした。こんなにおいしくしあわせになってしまったら、ルドルフ君にプレゼントを運んできてもらえないような気がします。

ちなみに今日はこのごはんのために18時半に会社を出てしまったので、明日は翻訳の手直しを70ページすることになります。がんばれ私。

christmas tree #2

2006/12/18 (Mon) 日本語、和訳
翻訳会社に英文和訳を頼んでいた書類の初稿がきました。社内用語や専門用語の多い書類なので、こういう単語をみたらこう翻訳してくださいと事細かにお願いしていたつもりだったのですが、何というか苦闘の跡がありありと。誤訳もちらほらと。
 「このままでも意味は通りますが」
と上司に見せてみたら、案の定、
 「頑張ってるけれど、これじゃちょっとね。はなびさん、よろしく」
といわれてしまいました。やっぱりそうですか…。

てはじめに今日は11時半まで頑張ってみましたが、130ページ中30ページまでしか進みませんでした。木曜日の15時までに校正して戻さないと年内納品できません。法務担当者のチェックを入れる時間をひくと、私が使える時間は賞味2日。終わるのでしょうか。週初めからとても不安です。夜のあいだに小人さんがあらわれて50ページくらい直してくれるといいのだけれど。

画像は、仲間がたくさんいていいねな感じのゆきだるまさんたち。

snowmen

2006/12/16 (Sat) アンチョビのある生活
お仕事が忙しくていちばん悲しいのは、外食続きになってしまうこと。今週は朝ごはんはキオスクのカロリーメイト、ランチは会社の下のスーパーのお弁当、夕飯は会社周りの定食やさんと、本当に切ない食生活でした。

あまりの切なさに好物のアンチョビを購入。今日はそれを使って、塩味のクレープでランチを食べました。とろけるチーズがたっぷりと、アンチョビがほんの少し、入っています。写真では2枚だけお上品に並んでいますが、実際はちびくろさんぼのようにたくさん食べました。最後の数枚は、りんごのソテーを入れた甘いクレープ。荒んだこころとからだが、ずいぶんご機嫌になりました。食べものは偉大だ♪あとはお風呂だ♪

anchovy & cheese crepes

2006/12/15 (Fri) 3次元ポスター
取締役が会議で使うポスターをつくっています。今週中にドラフトを見せてといわれて、大急ぎでデータをまとめていたら、隣に座っている上司から、「あれ?」という声が。「はなびさん、いまメールが入って、ポスターのサイズが変更になったみたい。2×2×5メートルだって」。

…それはまた大きい。縦横比が変わるから、グラフのデザインをしなおさないと。いやそれより、なぜ数字がみっつ。「あの、私が作っているのはポスターですよね。なぜ奥行きが…?」「うーん、いい質問だねえ」とうなった上司、メールをしみじみと見返して、「ごめん、それテーブルの寸法だった」。

常に新しいことをしなさい、が創業以来の社風の会社にいると、2×2×5メートルのポスターといわれても、突っ込みが一拍遅れます。冷静に考えると、2×2×5メートルのテーブルも相当使いづらそう。何に使うんだろう…?

画像はたぶん初めて自分のために買ったブーケ。お部屋にお花がたくさんで、しあわせ。

bouquet

2006/12/15 (Fri) やさしさボディブロー
締切に終われ、気がついたら過ぎていた今週。一向に腰痛が治りません。歩いたり座ったり、荷物を運んだりという日常の動作で痛むので、動くのが億劫になってきました。来週も変わらず忙しいのに、憂鬱。

…とぶつぶつこぼしていたら、ともだちが自分でアレンジしたというお見舞いのお花をくれました。手に持つと見ためよりずっしり。不思議におもってカーネーションの端っこをめくってみたら、表側から見えないところに、びっしりデイジーの蕾が入っていました。表に見えているバラやカーネーションがしおれるのが、大体1週間後。デイジーの蕾が開くのも、大体1週間後。しおれたお花を抜けば、ちょうど見ごろのデイジーが出てくる仕組みなのでした。やさしさの時間攻撃、ボディーブローのようにこころに効きそうです。デイジーが咲く頃には、腰が痛くなくなっているといいな。

arrangement

2006/12/14 (Thu) くもり窓アーティスト
昨日、1階下のフロアに書類を届けにいったら、階段の脇にあるおおきな窓が、真っ白にくもっていました。おもわず指先でスマイルマークを落書き。誰か通りがかったひとがみて、驚いてくれたらいいな、笑ってくれたらもっといいな、とおもいながら、1日を過ごしました。

そして今日、帰りの電車のドアのガラスが、真っ白にくもっていました。水滴ごしにぼんやりと外の景色を眺めていたら、すっと指先が伸びてきて、丸を描き、点を描き、弧を描き…。ものの数秒で、アンパンマンが描きあがっていました。アートな指先の持ち主は、濃紺のスーツにネクタイ姿の、端正なお兄さん。次の駅で降りなければならず、声をかけそびれてしまったのですが、うまいですね、笑顔にさせてくれてありがとう、と、ひとこと伝えたかったです。

都内の電車やビルの曇った窓でアンパンマンを見かけたら、彼のアートかもしれません。曇り窓アーティスト、また会えるといいな。

画像は寒くても凛々しく咲く代々木公園のバラ。

rose

2006/12/14 (Thu) 流れる赤
日曜日に「最後の紅葉を見にいかない?」と誘われ、代々木公園に行ってきました。そうだ、京都に行こう、とナレーションをつけたくなるような紅葉ショットをめざしていったのですが、数枚撮ってみて気が変わり、ただ色と印象だけを撮って帰ってきました。

帰りみち、少し足を伸ばして新宿の中古カメラやさんへ。ちょっと惹かれているレンズがあります。レンズより、クリスマスコフレに目を奪われていなければいけないお年頃なような気がしますが、どうにもだめ。洋服&コスメ予算をカメラにつぎ込まないうちに、誰か、女のコなショッピングに連れていってね。

momiji: impresssion 4

2006/12/13 (Wed) flickrのつかいかた
海外のアルバム・サービスを使っています。
初めて使ったときは「?」とおもったので、さっくりと使い方を。
私もはじめたばかりなので、間違えた使い方をしていたり、
あとで気づく便利機能もあるかもしれません。別カテゴリーにしておくので、
「?」とおもったら、見てみてくださいね。

とにかく1回みてみたい。
「リンク」のいちばん上、hanabi days on flickr、またはプラグインの下のほうでゆるゆると動いている四角たちをクリックしてください。トップページに飛びます。

XXの写真だけがみたい。
たとえば東京のお散歩写真がみたいなら、アルバム左列の「tokyo」をクリックしてください。一覧がでてきます。猫だけみたいなら、アルバムタイトル下の「tags」をクリック。たくさんあることばたちの中から、「cat」を選ぶと、一覧が表示されます。

コメントしたい
Yahoo!への会員登録が必要です。面倒なようならブログのどこかの記事にコメントをつけていただければ大丈夫です。両方とも見ています。

どうして英語なの?コメントも英語じゃないとダメ?
通りすがりのビジターさんに、日本語が読めない方が多いので、英語でつくっています。
コメントは日本語でどうぞ。嬉々として日本語でこたえます。

たのしげな機能がたくさんありそうです。信じられないくらいたくさんのひとが、信じられないくらいきれいな写真をシェアしてくれています。たのしんで探検してください。よい旅を!




2006/12/13 (Wed) みてみて、きょうは
初めて持ったカメラは、サンタさんからのクリスマスプレゼントでした。朝起きたら、緑と赤のぽんぽんがついた靴下に、かっこいいコンパクトカメラが入っていました。急いでキッチンの両親に見せに行ったら、座布団のような広大なケーキがあって、母に苺を並べさせてもらうのが先か、父にカメラの使い方を教えてもらうのが先か、悩んで悩んで選んだのは、苺でした。

初めての一眼レフカメラは、だいすきなひとからの誕生日プレゼントでした。一緒にいるときに、私ではなくファインダーを見ているのがさみしくて、貸して、貸してと何回もいっていたら、私だけのカメラを贈ってくれました。

カメラは、私のいちばんやさしい記憶につながっています。だから、何を撮るときでも、いとしい、とおもってシャッターを切っています。たいせつなひとたちと同じ空のしたで、世界を小さく切りとっています。みてみて、きょうはこんなものに会えたのと、伝えたくて撮っています。

たくさんのいとしいを積みかさねて、アルバムをつくりました。

みてみて、きょうはこんなものに会えたの…。

2006/12/08 (Fri) あおいはね、光
会社のエントランスのまわりの樹にイルミネーションがつきました。きっちり撮ったらすごくまじめな写真になったので、ふまじめにもう1枚。Canon EF-S60mm、8群12枚。見えますか?

blue_illumination

2006/12/07 (Thu) 斜め、横
締切をいくつもかかえ、連日12時間以上、化粧室にも立てずにお仕事をしていたら、腰にきました。じっと座っているのが苦痛です。痛いので知らないうちにずるずる椅子から滑り落ち、気付くと直角三角形の斜辺のようになってお仕事をしていることもしばしば。ふと横を見たら、1年上の先輩がソファーに寝転び、遠い目で書類を読んでいました。疲れて座っていられなくなったそうです。お互い20代なのにね。それにしても、斜めになってても横になってても見逃してくれている私の会社の人々の懐の深さたるや。他のひとたちも忙しすぎて、見えていないのかなあ?

画像は昨日と同じく箱根のおみやげ、「菜の花」の栗饅頭「月のうさぎ」。私でも1つおいしく食べられる稀有なおまんじゅうです。実家に宅配便したのですが、着く頃には賞味期限切れだと今頃気付きました。死にはしないよね。おまんじゅうでは。

tsuki no usagi

2006/12/06 (Wed) コトコちゃん
昨日から同じフロアに派遣会社のひとがきました。今日そのひとが席まで来て、「はなびちゃん、久しぶりだね!ここで働いてたなんて知らなかったよ~!」。う。ダレ?こころの中で激しくつっこみを入れましたが、口に出すのは憚られ、結局いつの知り合いか分かりません。彼女はいま私の真後ろで働いています。こういうときには、正直にどちらさまで、と聞くべきなのでしょうか。コトコさんといいます。ここを見ているともだちのみなさん、聞き覚えがあったらメールください。あぁ、10年前のジェラートを覚えているのと同じ記憶力が、食べもの以外にも発揮されたら。

画像は箱根のおみやげの和三盆。きっとこれは何年も覚えていられるのだろうな…(溜息)。

higashi

2006/12/02 (Sat) ふらり箱根
箱根に行ってきました。泊まりがけの旅は久々です。ロマンスカーの中でちょっとだけスパークリングワインを飲ませてもらい、強羅に着いたときには「ほとんど飲んでないんだよね?」と確認される程にうきうき。ときどき葉っぱが落ちてくる露天風呂にもうきうき。固形燃料が小さいお鍋の下で燃えているお食事にもうきうき。果ては久しぶりのお布団にもうきうきして、ベッドがあるのにお布団を並べて寝てしまいました。旅、ステキだ!

gora onsen

2日めは光が透き通るような快晴。まだ人もまばらなロープウェイで大涌谷に行ったら、富士山が真っ青でした。「あの雲さえなければ」。そう言ったら、連れのひとや通りすがりの誰かさんと声が重なり、笑ってしまいました。笑える雲ならあってもいいね。

owakudani

fuji

ケーブルカーで下った先はもみじが見頃。地面に落ちた葉を撮っていたら、私が写真を撮るところなどあまり見たことのないはずの連れに「たのしそうだね。細かいもの撮るの好きなんだね」といわれました。うきうきを見せず、しっとりとおとなしくしていたつもりだったのですが、隠すだけ無駄だったみたい。

gora park

帰りみち、旅の連れにフィルターを見立ててもらいました。写真好きさんと歩いたので、最後までカメラのことを考えてばかりの旅でした。次の旅は、今日の旅のなごりのフィルターと一緒。たのしいな。

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。