2007・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/18 (Mon) ふらりトレド
「トレドはいいよ~」という知り合いのことばに後押しされ、トレドに行ってみました。トレドはマドリードから南に70kmほどの街。ローマの城塞都市から西ゴート国の首都になり、その後イスラム教徒に征服されたとおもったら、レコンキスタでアルフォンソ6世が再征服…という、波乱万丈な歴史があります。そのおかげで、駅のステンドグラスからして、どこかイスラムを感じさせる幾何学模様。

toledo station

タホ川を越えて、坂を上ると、城砦に囲まれた都市が見えてきます。ジローナに少し似ていますが、ずっと大きくて、男性的な感じ。お店に並ぶおみやげにも、チョコレートやアクセサリーではなく、鎧や盾、金の十字架などが目立ち、RPGの市場のようです。

market place

simon

花びらのように乱れ飛ぶつばめたちと悲しげな獅子に守られた建物は、カテドラル。薄暗い内部には、スペインカトリックの総本山にふさわしく、堂々とした内陣があります。聖具室にはエル・グレコ、ヴァンダイク、ゴヤなどの絵画が飾られ、教会参事会会議場は金色の天井に飾られています。伏せ目がちに微笑むマリアさまの足元では、キャンドルが赤くゆらゆらと光り、何人ものひとが跪いて祈っていました。目を上げると天井が高くて、薄い闇の向こう、はるか遠くに、何だかきれいなものがぼんやりと見えました。

catedral

catedral: toward the heaven

もう一度明るい日の下に出たとき、カテドラルの前の樹の下に座るひとをみました。彼は私がみた暗闇の、もっともっと向こうを見たまま、ずっとずっと、ふわりと笑っていました。彼の目にはきっとかみさまが見えているんだろうな。彼の耳には、きっと天使の声が聞こえているんだろうな。何百年ものあいだ、この街に訪れた、たくさんのひとたちのように。

in the front of catedral
スポンサーサイト

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。