2007・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/17 (Tue) 『不都合な真実』
アル・ゴア氏の「不都合な真実」の完全版を観ました。温暖化が何か、どこまで進んでいて、どういうインパクトがあるかということは、一般常識程度には知っていたのですが、最新のデータを見ることができ、改めて事態の深刻さを実感させられました。

同じくらい印象的だったのが、この映画で使われているコミュニケーション・テクニックでした。ひとを説得するテクニックのすべてが、ホディブロウのように仕込まれています。「頭」にはたらきかける、グラフや写真。「こころ」に訴えかける、個人的なエピソード。大きな数字は、身近な数字に。漠然とした現象は、具体的なできごとに。難しい理屈は、ユーモアや皮肉をきかせて、分かりやすいアニメーションに。反論には反論を。家族の健康や未来を気遣い、森林破壊や病気の子ども、災害のニュースが流れると心を痛める、ふつうのアメリカ人を揺さぶるメッセージが、見事に作りこまれています。それを支えるのが、ゴア氏のプレゼンテーションスキル。話すスピード、間の取り方、顔の表情のつくりかた、手やからだの表情のつくりかた、非の打ち所がありません。魔法をかけるように、話をしています。

アメリカは、生活環境も、文化的・宗教的な背景も、知識の質・量も、ほんとうにまちまちなひとたちが暮らす国です。だから、公の場で話すひとたちは、誰に向かって話すのか、何を話すのか、それを聞いたひとにどういう変化を起こしたいのかを、つきつめて考える。それをサポートしているコミュニケーションのプロフェッショナルがいて、メッセージのつくりこみから、目線の送り方、ネクタイの色まで指定している。伝えるということが、戦争を引き起こしたり、南極の氷のとけるスピードを変えるかもしれないほどのちからがあると、知っているからです。

日本には、まだそのちからを十分に使うことのできる政治家はいないとおもいます。理論の裏づけがないままインスピレーションだけで話したり、勢い余って失言をしたり、ひとの言葉を遮ってコンテクストに関係のない自説だけを繰り返したりと、きちんとしたプレゼンテーションやディスカッションができないひとが多い。これからは、たぶん少しずつ変わるのではないかとおもいます。そのとき、そのちからが悪用されないといいな。そして、聞くひとたちに聞くちからが備わっているといいな、とおもいます。地球に生きているひとりとしてだけではなく、ことばに関係の深いお仕事をする上で、考えさせられる映画でした。

画像は5月に撮ったバイカウツギ。青い空がみたいなあ…。

mock orange #3
スポンサーサイト

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。