2008・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/30 (Wed) 『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』
型どおりの名刺交換をし、オーダーを済ませて視線を相手の顔に向けたとき、すでに予感はあった。端正な彼の顔を全体的にとらえたぼくの目に異物感があったからだ。普通の顔つきとは違う。ヒゲを生やしているわけではない。となると……。ぼくは少し視線を下にズラした。鼻毛が出ていた。思わず息を呑んだが、相手は平然とした顔で笑っている。鼻毛がちょろちょろしているなんて、想像もしていないことは明白だ。いつからだろう。まさか朝からずっと。
―北尾トロ『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』


CDにジャケット買いがあるように、本にもタイトルと装丁で選ばせられてしまうものが、たまにあります。この本のタイトルには、久々にくらくらしました。しかも、この装丁。電車の中で読みにくいよ…。これで内容が村上龍だったり、ほんとうにお下劣だとがっかりなのですが、この本はだいじょうぶ。日常生活のなかで出会う、“やってみたいけど、ちょっと勇気のいる”行動に、ひとつひとつ、まじめに、一生懸命に取り組んでいます。

たとえば、「電車で知らないオヤジに話しかけ飲みに誘う」、「激マズ蕎麦屋で味の悪さを指摘する」、「好きだと言えなかったあの女性に23年のときを越えて告白する」。読み進むうちに、「飲みに行ってあげてよ!トロさん別に怪しいひとじゃないよ!」「味が濃いの気づいてあげてよ!」と、知らず知らずトロさんを応援している自分に気づくはず。軽いよみものがほしいときにどうぞ。

写真はセパタクローのボール。50mm単焦点レンズで撮っています。仲良くなるのにいちばん時間がかかっているレンズなのですが、最近どんな写真を撮ればいいのか、少し分かってきたかも?

shinobara: bamboo ball

スポンサーサイト

2008/07/28 (Mon) poponta de night
先日、ぼんやりしすぎて無銭飲食をしてしまったレストランでお食事をしました。コーヒー代、ようやくお支払いできて、ほっとしました…。レストランには、他にも一度お会いしてみたかったFlickrフォトグラファーさんたちが何人もいらしていて、とてもあたたかく、予想以上に情熱的に(笑)迎えていただきました。しあわせ。

おもしろいなあ、とおもったのは、どのひとも、”あの写真を撮ったのはこのひとなのね”と納得できるお人柄だったこと。写真は撮るひとの視線や興味を映すんですね。私には自分の写真の個性があまりわからないのですが、私も私の写真らしいひとに見えるのかな。

いろいろなひとの写真を見せていただき、撮影秘話も伺って、自分がどれほど無造作に写真を撮っているかよくわかったので、少しずつ、意図のある写真を撮っていけるといいなとおもいます。歯を食いしばったり、眉間にシワを寄せなくていい程度に、たのしく、自分の写真が撮れるようになったら、すてきだね。

poponta:otarako-san's cake

2008/07/27 (Sun) 何十年よりも
春に結婚したばかりのともだちに、なれそめから結婚までの話を聞きました。結婚に具体的なイメージを持っていなかったのですが、ブロポーズから結婚式までのあれこれを正しい順に並べられるようになったような気がします。いろいろ手続きが大変そうだったけれど、とてもしあわせそうで、はなび、初めておよめさんに憧れました。

聞いていていちばんすごいなあ、とおもったのは、「もう旧姓より新しい姓のほうが“自分”という感じがする」という話でした。何十年より、数か月のほうが大きな意味を持つことがあるんですね。私も結婚したらそうなるのかな。ここ数年、生きるのが精一杯なくらい大変だったのですが、ようやく少し、立ち止まってまわりを見るゆとりがでてきました。私も彼女のように、大きなしあわせが見つけられるといいな。

写真は六本木ヒルズ付近の工事現場の壁。6m後ろに下がって見ると視力が測れるらしいのですが、
gomeiwakuwo

1m下がったら六本木通りなんだよね…。
hikareruwa

2008/07/27 (Sun) 『崖の上のポニョ』
今はニヒリスティックになるのが一番簡単な世の中なんですよ。誰でもそういうものを持ってるしね。それが実に浅かろうが深かろうが―多分大抵浅いだろうと思うんですけどね―そのニヒリスティックになったり、ヤケクソになったり、刹那的になるってことを、今、僕は少しも肯定したくないんですよ。たとえそれがどんなに自分の中にあってもね、それで映画を作りたいとは思わないんです。それは自分に対する敗北ですよ。自分の日常生活がどれほどバカげてて、もし自分の車に機関砲がついてたら周り中を撃ちまくりながら走ってるだろうと思っても。それをただ放出するためだけに作品を作るんじゃないんじゃないかと思います。…僕は描きたいものを描きたいですよ。そう思いませんか?
―養老孟司/宮崎 駿 『虫眼とアニ眼』


『崖の上のポニョ』を観に行きました。まだ観ていない方のために詳しいレビューは書きませんが、日本のどこかで起こったできごとのような、絵本の中のものがたりのような、ふしぎな現実感と非現実感のあるお話でした。

それを支えているのは、おそらく”絵”のたしかさ。精霊のような生き物や古代期のお魚のいる景色は明らかにファンタジーなのに、軽自動車でスピードを出したときにふわっと浮くあの感じとか、ポニョが走るときの体重の軽さ、ラーメンの熱さ、そういう五感での感覚が、とてもリアルに伝わってくるのです。ピクサーの疾走シーンも映画的な爽快感があってすきなのですが、風や重力をデフォルメしながら自然に描くジブリの技はほんとうにすごい。

自然にやさしいジブリ、現代社会に鋭く問題提起をするジブリ、生と死と愛の本質を語るジブリ、みたいにテーマやメッセージ性を求めるひとには「ジブリらしくなく」見えるのかもしれないけれど、「自然保護」がファッションになり、批判=鋭い意見、繊細な感性だと思い込んでいるひとが多い世界では、もっともらしいことを声を大にして語るよりも、かわいいお魚と男の子の恋をビジネスとして成り立つ娯楽映画にするほうが大変なのではないかとおもいます。

きらい、と言い続けるより、それでもすき、といい続けるほうが、つらいことも多いかもしれないけれど、きっとたのしい。私のことばや写真たちも、それでもすき、と伝えられるものだといいな。写真は1年前くらいのものに撮ったものですが、金魚さん。(暑くて外に出ないのでネタ切れ中)

goldfish

2008/07/26 (Sat) 肩の上にあるのは
子どもの頃、よく父に勉強をみてもらったのですが、何回も同じミスをすると父も苛立ってくるとみえ、「肩の上にあるのは何?ちゃんと頭で考えなさい」といわれたりしました。大人になってからはさすがにそんなことをいうひともいなくなりましたが、夏は特に肩の上にきちんと頭が乗っている気がしません。

きょうもFlickrの憧れフォトグラファーさんがレストランで初の写真展を開催していると聞きつけ、幡ヶ谷までいってきたのですが、アイスコーヒーを飲み、すてきな写真をたくさん見て、フォトグラファーさんご本人とわくわく写真談義をし、しあわせなきもちでお店を出て、駅まで行って、ふと気づいたことがありました。コーヒー代!払ってないよ!!初対面で憧れフォトグラファーさんにおごらせてしまったのでした…。サザエさんもびっくり!!!

慌てて戻ったところ、憧れフォトグラファーさんはまだお店にいらしたのですが、「おつりがないからいいです」とのこと。申し訳なく、申し訳なく、申し訳なく…月曜日にも同じレストランにいらっしゃる予定とのことだったので、280円、月曜日まで借金させていただくことになりました。憧れフォトグラファーさんだったのに。私の肩の上にあるのは何?

写真は頭のよさにあやかりたい、金次郎さん。
shinobara: ninomiya kinjiro


2008/07/22 (Tue) 修羅場ランチへの誘い
社内のひとばかりのパーティーに行ってきました。同じ会社で働いていても意外と名前と顔が一致しないひとはいるもので、書類を届けるときにも迷子になりがちだったのですが、たくさんのひととお話できました。明日から名前で呼びかけられるぞ。

こういう場にくると、いつもおもしろいお話をしてくれるひとがいます。海外に赴任していたときに、ものすごく才能はあるけれど、かなり性格がいまいちなクリエイターに出会ったとか。前に勤めていた会社では、合コンのときに男性が女性に向かって名刺を投げるのが慣わしだったとか。どこの世界のできごとかとおもうようなお話が聞けたりします。

いろいろな意味で経験豊かな彼らがいうには、「人間は踏む修羅場の数で度量が決まる」と。「興味があるなら、毎週、修羅場の経験を語る修羅場ランチを開催して聞かせてあげよう。1ヶ月に1度は外部講師を招いて修羅場ディナーをしよう」なんて話まで飛び出して、笑ってしまいました。おかげで、その場にいた、中途採用のひとだけ名前が覚えられませんでした。明日、オフィスで「修羅場さん」と呼びかけてしまいそうで怖い。

写真はちょっと古くて恐縮ですが、修羅場をくぐっていそうな、眼光するどき猫さん。
sakura & cat

2008/07/21 (Mon) 「女子カメラ vol.7」に掲載されました
7月19日発売の「女子カメラ vol.7」に掲載していただきました。もっと女子な写真が撮りたいな、とここに書いてから約1年。あっさり夢が叶ってしまって、びっくりです。

joshi_camera
ニコンユーザーさんはここもクリック♪

編集部の方にお話をいただいたのは、ちょうどお仕事が忙しい時期でした。仕事柄、雑誌社の方に製品やイベントの写真を送ることも多いので、さくっと対応してしまいましたが、いまになって事の重大さによろめいています。あんなにさわやかでかわいいスイーツやお料理の写真の中に、あんな写真でまぎれこんじゃってよかったのでしょうか…。

掲載する写真は編集部の方が選んでくださいました。候補にあがったもの(下)のうち、2枚が掲載されています。”101人の女子”の中には、私の憧れのフォトグラファーさんたちも、たくさんいらっしゃいます。本屋さんにいったら、手に取ってみてくださいね。

card



2008/07/20 (Sun) 疑惑の鎌倉
由比ヶ浜で水遊びをしてきました。ほんとうは朝はやく行ってビーチコーミングをしたかったのですが、着いてみたらパラソルがずらっと並んでいて、それどころではありませんでした。からだがまだ本調子ではないこともあり、最初はしずしず日傘をさして写真を撮っていたのですが、ビーチボールやバナナボートを遠くから見ているだけなんて、ムリ。気がついたらワンピースの裾がぬれるほど、ばしゃばしゃやっていました。

waves

帰り道に市場で鎌倉野菜を買い、ついでにふらっと立ち寄ったお店で、ベビーシューズを勧められてしまいました。予定はないのですが、そんなにお腹がマズいことになっているのでしょうか。夏はたしかに他の季節よりふっくらしちゃうのですが…ふわっとしたチュニックワンピを着ていたからだと信じたいけれど…明日からダイエットしたほうがよさそう?

sand

2008/07/19 (Sat) Ryu-gu BBQ
幼なじみにBBQパーティーに呼ばれました。たくさんひとが来るみたい、という話は聞いていましたが、いざ幼なじみのおうちに着いてみたら、70人もひとが集まっていました。ピアノのミニ・コンサートがあるとも聞いていましたが、ドアの外には赤いドレスのピアニストさん、ドアを開けたらヴァイオリンの二重奏。ゲストの数も、音楽家さんたちの数も、私の想像の3倍いたのでした。

ここ数年間、いろいろ忙しくて、コンサートにあまり行けていません。ピアノにも触れなくなってしまいました。でも、きょうは音楽家さんたちの睫毛が見える距離で、生のリストやショパン。音がからだにしみていきました。鮮やかな花束のような音楽に、おいしいお食事、素敵なひとたち。竜宮城の浦島太郎みたいな気分になっていたら、ともだちが四角い箱をおみやげにくれました。帰ってから箱を開けたら、煙が出ておばあさんに…ということはもちろんなく、黒糖のカステラでした。何から何までありがとう!

sky

2008/07/18 (Fri) 金曜日のセニョリータ
社外からの電話を良く取ります。雑誌社や新聞社のひとからのお問い合わせが多いのですが、中には、売り込みやヘッドハンティングのような、あまりうれしくない電話もあります。きょうも電話を取ってみたら、外国人の男性とおもわれるたどたどしい日本語が聞こえてきました。自分は名乗らず、社員の個人名を聞きだそうとする電話。要注意です。かといって、こちらからガチャ切りするわけにもいかないので、用件や連絡先を聞き出しつつ、やんわり切る作戦を取ることにしました。が、彼もなかなかしぶとい。私のテンションの低い応対にもめげず、英語に切り替えて、会話をつなごうとします。

 「ねえ、あなたのお名前は何?」
 「はなびです」
 「ハナシさん?」
 「大体そんな感じです」
 「ねえ、ハナシさん、どうしてそんなに悲しそうな声してるの。今日は金曜じゃないか」
 「そうですか?」
 「ハナシさん。人生は短いよ。もっと楽しまないと」
 「そうですか」
 「そうだよ、人生は君次第でバラ色になるんだ、セニョリータ!悲しんでちゃダメだ!」

その後、10分ほどバラ色の人生について話されたのですが…セニョリータが悲しげなのは、金曜日の夜に変な電話につかまって帰れないからなんだと…気づいてよセニョール?

lazy breakfast: tomatoes

2008/07/14 (Mon) よかった
動物園のしろくまのように夏が苦手です。気温が30度を超える日には、できることならプールに沈んで暮らしたい、ときどきは氷にだきついてみたい、それくらい夏が苦手です。それなのにここのところちょっと無理をしていたら、きのう、ぱたんと倒れてしまいました。

朝、携帯電話のアラームで目が覚め、ベッドから起き上がって止めようとおもったら、天井が1回転。そのまま立ち上がることができなくなってしまいました。低血圧が災いしてか、疲れるとめまいが出やすい体質で、こういうことは初めてではありません。命にかかわるようなことではないのはわかっているのですが、このままだとお仕事に遅刻です。会社に連絡を入れないと。

でも、携帯はクローゼットの上。二度寝防止のために、ベッドから起き上がって歩かないと届かない場所に携帯を置いておいたのです。見えているのに、届かない、こまった…。そうこうするうちに時間はどんどん経ち、携帯が何回も鳴り始めました。取りたい、でも、届かない。こまった。

少しめまいがおさまって、電話に出られたときには、着信記録がいっぱいになっていました。とりあえず会社に電話をかけて、「ご心配おかけして申し訳ありません」といったら、電話の先の上司が「よかった!よかった!事件に巻き込まれたかとおもいました!よかった!」と「よかった」を10回くらい連発してくれました。くらくらしながらも、親身な上司さんを持ってよかったなあ、としみじみと感謝。その後、比較的近所に住んでいて平日も動けるともだちにも連絡し、無事救出されました。いいともだちを持ってよかった。

1日お休みをいただき、きょう改めて出社したら、会社のひとたちにまた「よかった!」といわれました。「きのうの夜、ほんとうはやっぱり事件に巻き込まれてて、でも犯人に無理やり大丈夫ですって言わされてたらどうしようってふと考えて、それからいろいろ妄想しちゃって、今朝会社に来るのを見るまでは安心できないなあっておもってたの」と、上司さん。

体調を崩したのは決して「よいこと」ではないし、いろいろなひとに心配や迷惑をかけたのも「よいこと」ではないけれど、あたたかいひとたちに囲まれていて、私はしあわせだとおもいます。とりあえず、きょうからは枕元に携帯を置いて寝ます。1人暮らしのともだちのみんな、私みたいにならないように、電話は必ず枕元にね!写真はTRANSPERANTEのカレ・ローザ。一辺4cmくらいのキューブを見ていたら、リボンを結びたくなってしまいました。

carre rosa

2008/07/12 (Sat) pool in a ring
会社の同期の子がしていた細いリボンを結んだようなピンキーリングがすごくかわいかったので、お店を聞いて同じものを探しにいったら、サイズがないといわれてしまいました。他の指はごく平均的なサイズなのですが、小指だけちいさいのです。エタニティタイプならお直しができるようですが、リボンタイプは無理だそう。残念…。

他のところも見てみようかな、と出口に向かう途中で、ふしぎな石のリングに出会いました。アクアマリンやブルートパーズよりもあたたかい水色で、きらきら透明感があります。お店のひとに聞いたら、ターコイズの上にクオーツを嵌めたものでした。強い光を受けると、水紋のような模様が浮かんでゆらゆら揺れます。ジュエリーはあまり着けないほうなのですが、そのゆらゆらが気になって、買ってしまいました。指の上にちっちゃいプールがあるみたい。

pool_ring

2008/07/09 (Wed) 北京へ
「女子バレーボール ワールドグランプリ2008」を観戦してきました。16年ぶりに男女そろってオリンピック出場を決め、注目が集まっているバレーボール。「ワールドグランプリ2008」は12ヶ国のチームが激戦を交える北京前哨戦。…と、新聞には書いてありましたが、私自身はバレーボールの球なんて、高校卒業以来見ていません。一応選手の名前は頭に入れてきたけれど、ルール覚えてるんでしょうか。

若干の不安を抱えつつ、向かった先は横浜アリーナ。平日の18時頃だというのに、続々人が入っていきます。20~30代くらいの女性が多いのは、女子バレーだからかな、それともスペシャルサポーターの松田聖子さん&ROOKIESのせいかな、と考えていたら、照明がすっと落ちました。すごい、真っ赤だ。

volley1_s


きょうの日本の対戦相手はキューバ。平均身長は184cm。日本チームが小さくみえます。バレーボールの選手というとみんな背が高いイメージでしたが、日本チームでいちばん小柄な竹下選手は159cmしかないのだそうです。私と変わりません。それでも高いたかいところから、バシッと大きな音を立てて打ち込まれるスパイクをブロックしている姿がかっこよくて、取れても取れなくてもチームで一瞬ハグしている姿がかわいくて、気づいたら応援用のバルーンをぎゅっとにぎりしめていました。

volley2_s


もうひとつ印象に残ったのは、コートサイドでサポートしているひとたち。ボールを運んだり、ボールが客席のほうに飛んでしまうのを防ぐひとたちをボール・リトリーバー、汗が落ちてしまったコートをモップで拭くひとたちをモッパー、ふきんみたいなもので拭くひとたちをクイックモッパーと呼ぶのだそうです。すごいお仕事ぶりでした。わずかなブレイクの間に、選手が転んでたくさん汗が落ちてしまったらしい場所を中心に、さささささっと拭きあげてしまうのです。ウィンブルドンのボール・ボーイやボール・ガールは有名だけれど、バレーボールにもこんなにすごいひとたちがいるなんて、知りませんでした。それが見られただけでも、うれしかったです。残りの試合もがんばってね。

volley3_s

※写真は許可をいただいています。転載はご遠慮下さい。何卒。

2008/07/08 (Tue) basil storm
早めにお仕事が終わったので、目黒通りと駒沢通りをお散歩しました。目黒通りには私のだいすきなアンティーク家具のお店がいっぱいあって、ウィンドウショッピングするだけでも楽しめます。きょうも何ヶ月かに一度は見にいってしまうnonsenseをはじめ、数箇所をめぐり、あと少しでちゃぶ台を衝動買いしてしまうところでした。危なかった!

足を伸ばしたついでに、以前から気になっていたLA PETITE EPICERIEにも行ってみました。お店の方が「よかったら味見を」と木の葉のかたちのクラッカーに添えて出してくださったのは、バジルペースト。何気なく口に入れたのですが、ひとくちで口の中がバジルの嵐でした。油っぽさがまったくなく、チーズの風味が利いているのも私好み。ボーナス後なのを良いことに、値札も見ずに買ってしまいました。

ふつうのバジルペーストよりはお値段が張りますが、何も作る気力がない日も、このバジルペーストが待っていてくれるとおもえば、キッチンに立てます。ふたを開けるのがたのしみ♪

basil paste

2008/07/03 (Thu) 半分はやさしさで
会社でペットボトルのキャップを集めてみることにしました。NPO法人の「世界の子供にワクチンを」では、ペットボトルのキャップを集めてリサイクル業者に売り、その利益で世界の子どもたちにポリオやはしかのワクチンを買って送っています。ポリオのワクチンは、輸送費や現地のお医者さんの人件費も含めると、1人分約20円。大体ペットボトルのキャップ400個で1つ買うことができます。

400個というと途方もない数に聞こえますが、みんなで集めれば、そんなに大変な数ではないはず。そうおもって社内のひとに声をかけはじめたら、思いもかけないところから次々とやさしい手が差し伸べられてきました。最初に助けてくださったのは、ビルのお掃除の女性。「会社の各フロアにキャップ用のゴミ箱を置いてもいいですか」と相談したら、「それをいちいちあなたが集めるんじゃ大変でしょう。私たちが固形不燃ゴミを回収するときに、キャップだけを選り分けて集めておきます。キャップ用のゴミ箱はどこか1ヵ所に置いていただければ大丈夫ですよ」と、手間のかかる作業を無償で引き受けてくださいました。ありがとう!

次のやさしい手は総務のひと。「キャップ用に買ったゴミ箱、入れる穴が大きいから、自販機の隣に置いておいたら間違えてボトルを入れちゃうひとがいるかもしれません。穴をちょっとだけ小さくできるようなものはありますか」と相談したら、「週末のあいだ、そのゴミ箱借りてていいですか」と思案顔。月曜日の朝に出社したら、透明なアクリルの筒をすっぽりはめこまれたゴミ箱が出迎えてくれました。筒には正面と上にキャップより一回り大きいだけの穴が空けられています。これなら絶対にキャップしか入れないし、中にどれだけキャップがたまったかも見ることができます。ありがとう!

いよいよ会社の他のひとにもお知らせしたら、いくつもメールがきました。「家から持ってきてもいいんですよね」「実は前から集めてたんです。会社が集めてくれることになってよかった。今度から持ってきます」「沖縄に旅行に行ってたんたけど、旅行中に飲んだ分のキャップも全部スーツケースに入れて持ってきちゃった」。そうして集まったキャップの量、1週間で4kg=約1200個。2日で1人分、ポリオワクチンを買えます。すごい、ありがとう!

最後のやさしい手は宅配業者さんから。ペットボトルのキャップがぎゅうぎゅうに詰まった袋を前に、「これを宅急便で送ったら、その送料で何個ワクチンが買えるのかな」と悩んでいたら、「その住所なら工場に社内便を配達するときについでに持っていってあげます」といってくださいました。ありがとう!会社の中のひとも、外のひとも、ほんとうにみんな、やさしくてうれしいです。みんなのやさしい気持ちもぎゅっと詰まったワクチンが、きちんと届きますように。

hydrangea: luminous blue

2008/07/01 (Tue) toffee's blue
トフィーのルリハコベが咲きました。お会いしたこともない方に種を分けていただいてから、数ヶ月。残念ながら他のお花は咲かせられなかったのですが、ルリハコベだけはぐんぐん伸びて、コバルトブルーのお花をたくさんつけてくれました。

最初のお花が咲いたと母からメールが来たのはGW前。トフィーに似てのんびりやさんに育ったのか、私が実家に帰るまで咲いていてくれました。Kissを持って帰るのを忘れて母のカメラで撮ったので、少しピントがずれてしまっていますが、色はほんとうにこんな青です。咲いてくれて、咲かせてくれて、うれしいな。

toffees_blue

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。