2008・08

<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/25 (Mon) ミジンコで鯛を釣る
携帯電話をうっかり実家に置いてきてしまいました。携帯本体はすぐに送ってもらったのですが、何かが足りない…。母に連絡したら、「何かアザラシが落ちてたわよ」と。携帯ストラップにつけていた、わずか1センチ足らずのアザラシの親子だけが、実家に残ってしまっていたのでした。

あんなに小さなものが、よくなくならなかったものだ、とはおもいましたが、切れた紐を付け替えるなんて、家庭科2(足をひっぱったのは主にお裁縫)の私には、たぶんむり。新しいストラップに替える時期かな、とAfternoon Teaにふらりと寄ったら、フリーペーパーの「spices of a day」が目にとまりました。ぱらぱらとめくると、「みなさんの写真を誌面でコラージュ」「採用の方には粗品進呈」という文字が…。粗品って、もしかして、携帯ストラップだったりしないかしら。Afternoon Teaのストラップだったら、きっと可愛いよ!だめもと!

…というわけで、海老で鯛どころか、ミジンコで鯛を釣る下心満載で応募してみたのが1ヶ月ほど前。私の写真が掲載された「spices of a day」が、25日から店頭とウェブで配布されています。「粗品」は携帯ストラップではなかったのですが、「粗品」ということばに似合わない、素敵で可愛いものをいただきました。応募してみてよかった。掲載していただけて、しあわせでした。何でもとりあえずやってみるものね?写真は雨の合間の百日紅(掲載していただいたのは別の写真です)。

sarusuberi
スポンサーサイト

2008/08/23 (Sat) しあわせな、しあわせな
きのう、ちょっとこころが沈むようなことがあって、元気がなくなってしまいました。砂のなかから砂金を探すように、一生懸命ちいさな幸せをつみあげていても、たくさんの涙がこぼれたら、ぜんぶ流れちゃうんだね、とおもったら切なくて、ともだちと入ったカフェでも、紅茶すら飲むことができませんでした。

でも、駅で別れるとき、「ちょっと待っててね」と、ともだちが買ってきたのは、1枚200円のスクラッチ。駅の壁を机代わりにスクラッチをはがし、すぐに交換してきたともだちは、「200円当たったよ、ラッキーな200円だからあげる。何かたのしいものを買ってね」と、100円玉を2個、私の手のひらに落として、改札口を通っていきました。

今年に入るまでは、いろいろな事情があって、どんなにつらいことがあっても、誰にも話すことができませんでした。でも、いまは話せる。私が必死に、泣きながら砂金を集めなくても、だいすきなひとたちが、私の手のひらに、しあわせを届けてくれます。

つらいよ、とひとことメールを入れただけで、どうしてつらいのかも聞かず、昨日からずっと、いくつも、いくつも私を励ますメールを送ってきてくれたともだちもいます。

もう、ひとりでがんばらなくてもいいのだと。それが、私の何よりも大きな支えになっています。きょうもほんとうにしあわせでした。だいすきだよ、ありがとう。

写真は、ともだちの200円で買った、しあわせなしあわせなりんご。

green apples

2008/08/19 (Tue) like a freshman
50人分の渡航、移動、宿泊、お食事の手配を始めてから、はや1ヶ月。自分の夏休みの計画すら立てられない私にこんなお仕事できるのかしらと、空を見上げて困り果てた日もあったのですが、ちょっとだけコツがわかってきました。ホテルやタクシー会社さんからのお電話でも、はじめのころはどうしても声に余裕のなさがにじみ出てしまって、先方に「お忙しいところ、申し訳ありません」といわせてしまっていたのですが、最近は同じトーンでお話できるようになってきました。

私は苦手なことがひとより多いので(しかも、できないことはとことんできないので)、できる分野を針の穴を通すように選んで就職しました。おかげで今まで”こんなのできない”というお仕事にはあまり出会ってこなかったのですが、何年もお仕事をしていれば、ぜんぜん得意ではない分野のお仕事がまわってくることもあります。それを危機と取るか、チャンスと取るか。1年前の私なら、危機だと感じて逃げ回ったかもしれません。でも、いまなら、ちょっとなら無理もききます。いっちょやるか、と腰を据えたら、すーっとこころが軽くなりました。

やりなれたお仕事なら失敗できないけれど、今回は初めてのお仕事。どんなおバカな質問をしてもいいし、手に余ったら誰かを頼ればいいし、ホテルやタクシー会社やレストランのひとたちも、聞いたら聞いただけ、お願いしたらお願いしただけ、やさしくサポートしてくださいます。学べることがたくさんで、どきどきやびくびく(笑)もいっぱいで、新しいひとたちとの出会いもいっぱいで、新入社員の頃に戻ったみたい。ちょっと、たのしいかもしれない。

ただ、慣れないお仕事をしていると、7.5時間働くのが精一杯なのです。5時を過ぎると、5分おきに壁の時計を見ています。帰ったらもちろん、ぱたんきゅう。…ですが、昨日はExcelシートの夢を見ました。ああ、きょうはもっとスイートな夢が見られるといいなあ。

lazy sunday: sandals

2008/08/15 (Fri) ちがうしあわせ
BBQに誘われました。お肉じゅうじゅう、えびじゅうじゅう、はとても魅力的に聞こえたのですが、平日の昼間という時間設定だったので、私は夜の飲み会から参加。待ち合わせ場所についてみると、幹事君を真ん中に挟んで、左側が幹事君の中学からのともだち、右側が高校からのともだちという顔ぶれでした(私は高校組)。

高校組は年齢差は±1歳くらいなのですが、職業も家族構成も、服の趣味すらもばらばら。中学組のひとのひとりに、「並べてみても、同い年にも見えないし、ともだちにも見えない。街で一緒に歩いてるところがまったく想像できない」と、真顔でいわれてしまいました。ともだちだよー!歩いてるよー!

私にはいろんなともだちがいて、一ヶ所に集めても、あまりつながりが見えないかもしれません。でも、彼女たちには、私がみんなと同じではなくても受け入れ、認めてくれるという共通点があるのです。きょう会った中学組のひとたちも、いまいちおいしくない小豆茶をオーダーし続ける私に首を傾げながらも、あたたかく、やさしく、たくさんお話してくれました。違いを楽しめるこころを持に巡りあえるということは、ほんとうはすごく貴重なこと。みんながいてくれて、すごくしあわせです。きょうもありがとう♪

cuores



2008/08/11 (Mon) 空蝉
夏も終わりに近づくと、セミが元気をなくしていきます。お買い物に出ようとしたら、マンションの階段にセミが倒れていました。仰向けになってしまってはいますが、脚が動いていて、じじ、じじ、と微かに鳴き声が聞こえます。近くにあった葉っぱでひっくり返してからスーパーマーケットに向かいました。

帰ってきてみると、階段の端にさっきのセミ。樹のあるほうへ歩こうとしているようですが、ほとんど進んでいません。もう力が出ないのかな。大きくなるまで樹の下で暮らしているから、最後も塩ビとコンクリートより、ひんやりした樹の下がいいよね。葉っぱの上に載せて、ツツジの植え込みまで運びました。

そのときにはもうぐったりとしていて、葉っぱからぽたりと土の上に落ちるだけだろうとおもっていました。でも、彼はツツジの枝に脚を伸ばして、つかまったのでした。それはそれはセミらしく。セミにとっては、弱っているところを2回もニンゲンに触られて、迷惑この上なかったかもしれないけれど、私は元気をもらいました。私もニンゲンらしく、しゃんと生きよう。長いいのちを与えられているのだから、余計に。教えてくれてありがとう。

lazy sunday: cicada
※写真は別の日の別のセミさんです。

2008/08/10 (Sun) 『カンフーパンダ』
崖の上のポニョ』で流れたトレイラーが気になって、気になってたまらず、『カンフーパンダ』を観てきました。2週連続で映画館なんて、何年ぶりだろう(しかも同じ六本木TOHOシネマズ。おもうつぼです)。

期待をうらぎらないチャーミングな映画でした。ジャッキー・チェンが監修したらしいアクション・シーンがとてもスピーディーで、かわいいだけでは終わらないキャラクターたちもいかにもDreamWorks。でも、いちばん記憶に残ったのは、主人公のパンダ君の師匠であるマスター・シーフーがお箸で器用につまんでいた点心だったのでした。

master_shifu

映画の中ではdumpling(餃子)と呼ばれていましたが、きっとこれは肉まん。映画を見終わってすぐに小籠包専門店の南翔饅頭店へ直行し、じゅわっ、はふはふ、おいし~♪を堪能してきました。きょうもすごくしあわせだったな~。

xiaolongbao


2008/08/09 (Sat) uchiage de night
Flickrフォトグラファーさんたちの写真展の打ち上げに誘っていただきました。きょうも心とからだにおいしいごはんをいただきながら、たくさんのフォトグラファーさんたちに、写真のお話を聞くことができました。

私はふだん、目の前のものをきれいだなあ、おいしそうだなあとおもって、たまたま手の中にあるkissで撮っています。だから、カメラやレンズのスペックやフィルムの個性、現像のしかたのような、技術的なことは、あまりよくわかりません。きょうのみなさんのお話も、わかったような、わからなかったようなことが多かったけれど、いろんなひとたちが、いろんなカメラで、いろんな写真を撮っていて、たくさん刺激を受けました。おなじものを撮ってもおなじにならないって、ほんとうにすてきです。

しかも、きょうは写真の他にも神さまに大きなギフトをもらっているひとが、何人も…!ウクレレ、ギター、ハーモニカ、カスタネットに、うた。聴いているだけでぽかぽか心があたたかくなって、元気をもらえるような音楽を、いっぱい聞かせていただきました。

そのなかのひとり、miyabeanさんは、近日中に高円寺と二子玉川でライブをされます。私が「あったかい歌だな~♪きれいな手だな~♪」と、内心ものすごくどきどきしながら撮った彼の写真を、すてきに加工してくださいました(miyabeanさんは画家でもあるのです、さすが)。出張と微妙にぶつかりそうな日程なのですが、行けるといいなあ。

poponta:couscous

2008/08/07 (Thu) デザートはいかが
9月に海外の姉妹会社のひとたちを50人ほど東京に招き、会議をすることになりました。アドミニストレーションを依頼されてしまったので、まずは入国ビザと宿泊・お食事の手配をしているのですが、すごく大変です。セルビアってどこ。在シンガポールのパキスタン人がドイツ出張から東京に直行する場合、ビザってどうすればいいの。彼は牛が食べられず、彼女は豚がだめで、彼女は骨のないシーフードがだめ、彼は断食期間だから日の出ているあいだは何も食べられず、彼女のお部屋には礼拝の方向に矢印が必要…。

もともと緻密なペーパーワークは苦手なところにもってきて、この猛暑。ふらふらしながらホテルから送られてきたBBQのスタンダード・メニューを見ていたら、デザートに不思議なものが出そうで、ちょっと和みました。間違いって、いけないもののようにいわれているけれど、正しいばかりじゃつまらないよね。

bbq_menu

2008/08/04 (Mon) happy birthday, papa
父の誕生日でした。いつもは家族の中の誰の誕生日よりも盛大に、きちんとお祝いするのですが、あいにく今年は入院中…。食止めされている上に、衛生上の理由とかでお花を持ち込むことも許されず。しかたないので、母と私で両方のほっぺにキスしてあげました。こんな扱いを受けられるのは、世界広しといえども、父とトフィーだけです。このしあわせもの。退院したら、だいすきな銀座アスターの酢豚と母の手料理を並べて、トップスのチョコレートケーキにたくさんキャンドルを灯して、誕生日のうたを歌って、お祝いしようね。そのときには、きっとトフィーも、天国からちっちゃいオバケになって駆けつけてくれるとおもいます。1日もはやく、元気になりますように。

tokyo rain

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。