2008・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/31 (Fri) happy halloween :)
ボストンで暮らしていた子どものころ、お正月よりもクリスマスよりも、ハロウィーンがすきでした。甘いお菓子がもらえるというのも魅力だったけれど、夜に歩き回れるのがたのしいのです。しかも、ともだちはみんな、目を疑うような仮装。通りにはいろんな顔のジャック・オー・ランタンが灯り、お庭の芝生から緑色の腕が生えてギギ、ギギ…と音を立てながら、おいでおいでをしていたりして…ほんとうにわくわくしました。

でも、いちばんたのしかったのは、おかしをうっかり切らしてしまったおうちに、トイレットペーパーを投げ込むスリル!ハロウィーンの決まり文句は"Trick or Treat?"(おかしか、いたずらか)。おかしをくれないおうちには、いたずらしてもお咎めなしのです。こんな素敵なこと、お正月にも、クリスマスにも、ないよ!

haunted night

日本のハロウィーンは、凝った衣装の子どもたちがママに手を引かれて真昼間の原宿をパレードするとか、なんだかよくわからない催しになってしまっているけれど、ほんとうのハロウィーンは、普段できない悪事にこどもたちが手を染める、背徳の夜なのです。

大人になったいまは、甘いものばっかり食べるんじゃありません、とか、夜に出歩くんじゃありません、とか、いたずらしちゃいけません、と怒られることも少なくなりましたが、ハロウィーンが近づくとたのしくてたのしくて、イタズラごころがうずいて止まず、へんなものを作ってしまいます。

たとえば、ドラキュラ伯のためのトマトスープとか。
soup for vlad drăculea

グリーンサラダ、悪の大王風とか。
(みんな怖くないっていうんです、大王に向かって失礼きわまりないね!)
salad for the king of evil

緑色の腕が生えていたおうち、私が子どもだった頃に既にぼろぼろだったのですが、むかしの大家さんからは”相変わらずあのうちはハロウィンもクリスマスもクレイジーだよ”と聞いています。いつかもう一度、見にいってみたいな。
スポンサーサイト

2008/10/28 (Tue) 地球が手を伸ばす
従弟が英語でのスピーチコンテストに出ることになりました。大手の電機メーカーが協賛しているらしく、「入賞したら何か分からないけどいいものがもらえそうなの」と、従弟。ずいぶん漠然とした物欲に釣られたものです。

とにかく出るからには「何かいいもの」をめざしてみようということで、今夜は従弟に頼まれて原稿の校正をしました。テーマは「地球温暖化と水」。おりしも、きょうのお仕事は、地球温暖化についてのコラム書きでした。お仕事はなるべくプライベートに持ち込まないようにしていますが、測ったようなタイミングでお仕事とプライベートがリンクしてきています。特に、地球とか、こどもたちの未来とか、そういう大きなものにかかわることで。

私にはちっちゃいことしかできないし、人並みにできることもすくないし、体力もぜんぜんない。でも、私がちいさなちからで送り出したほんのちいさな種が、私よりもっとすごいひとの手で芽を出し、樹に育っていくところを、何回もみました。ちっちゃいことからでも、もっと、できるといいな、とおもいます。そのために、出ろ、出ろ、元気…!

candle night


2008/10/26 (Sun) くすりくすり
横浜中華街に調味料を買いに出た帰り、渋谷に出ようとしたら、電車が横浜で動かなくなってしまいました。さわさわ、とみんなが不審がり始めた車内に、「先行している電車に不具合が起きました。安全が確認できるまで、菊名駅までで折り返し運転を行います。車両間隔の調整のため、横浜にしばらく停車します」とのアナウンス。それなら、とホームの自販機にお茶を買いに出たら、電車の横の表示が「急行渋谷」から「急行菊名」に変わるのが見えました。

電車に戻ってお茶を飲んでいると、電車が動き始めました。新しい終点、菊名まであとすこし。…と、車内アナウンスがかかって、「ただいま安全確認が取れました。この電車はただ今より急行渋谷行きに戻ります」。窓からは見えないけれど、電車の横の表示は、しずしずと「急行渋谷」に変わっていたはず。もうすぐ、さっきまでの終点の菊名。

…と、少し慌てた感じの車内アナウンスがかかって、「車両間隔の調整のため、この電車は武蔵小杉止まりとなり、折り返し運転をいたします。ゴツッ…え、違うよ違う、急行武蔵小杉。小杉。変えて。外の。…ブツッ」。

明らかに何か聞くべきではないものを聞いた気がして、おもわず上を見上げたら、車両中のひとが上を見上げていて、笑ってしまいました。、そうしたら、隣のひとも、斜め向かいのひとも、くすり、くすり。くすくす笑う声が木霊のようにあちこちから聞こえて、なんだかたのしい気持ちになりました。こういうかわいいの、だいすき。

☆東京の路線図にあまり詳しくない方のために、文中に出てくる駅の配置解説↓
 (私もよく知らなくて、調べてしまいました)

toyokoline.gif




2008/10/22 (Wed) 一つひとつ
ともだちとご飯をたべました。以前、「すきなもの探し」を始めるといっていた彼女。
半年会わないうちに、パンの学校と鞄の学校の生徒さんになっていました。

彼女は、むかしから何かをひとつひとつ作り出すのが上手でした。お弁当も一口ひとくち、私や他のともだちの1.2倍くらいの時間をかけて食べていたけれど、好き嫌いをしたり、残しているところは見たことがなくて、このひとの食べたものはきちんと体になるんだろうと、そういう感じがしました。バイオリンの先生になったと聞いたときには、きっと一つひとつ音を紡いで、一人ひとりの生徒さんに向き合っていくんだろうと、そうおもいました。

そんな彼女だから、きっと、右手に持ったひとつと左手に持ったひとつを見比べて迷ったり、新しいひとつを受け入れるために古いひとつを手放すのが難しかったりすることもあるのかもしれない。だけれど、そんなところを、彼女がじぶんで嫌うことがないといいなあとおもうのです。一度にいくつものことを扱えるひともいる、ひとつのものを盲目的に熱狂的に愛しぬけるひともいる、そういうひとのほうが華やかに見えることもあるかもしれないけれど、一つひとつに、熱すぎも冷たすぎもしない温度で、きちんと向き合っていけるということも、とても素敵なことだとおもいます。

写真は、彼女が「家にあったむかーしのオレンジページ」を見ながら焼いてくれたシナモンロール。ふわふわで砂糖衣がべたべたするアメリカ式のシナモンロールはちょっと苦手なのですが、彼女のシナモンロールは生地がしっかりしていて、かじるとザラメがかりかり歯にあたるのが楽しくて、彼女が一つひとつこねたり、かたちをつくったり、焼いたりしているのが目に浮かぶようなパンでした。

きっとね、あなたがつくるパンや、あなたがつくる鞄は、とってもあったかいとおもうよ。
あなたがそれを、あなたの望むだけ、だいすきになれますように。おいしかった。ありがとう。

leier's bread

2008/10/21 (Tue) 浮気しました@女子カメラ
きょう発売の『女子カメラ vol.8』に、前号にひきつづき、掲載していただきました。今回は「2008年発売おすすめカメラ」という企画で、今年の夏に発売されたばかりのCanon EOS Kiss Fのモニターをしています。今年、Canon EOS Kissシリーズからは”中級機が要らない初級機”との呼び声の高いKiss X2が既に発売されていますが、Canon EOS Kiss Fはその妹分にあたる入門機。女性の手でもしっかりホールドできる小ささ、レンズを入れてもペットボトル1本分くらいの軽さ、液晶モニターを見ながら撮れる手軽さで、初めて一眼レフカメラを使うひとでも扱いやすい、”かんたん、きれい”なカメラになっています。

7-days affair

…とはいえ、私は一眼レフを使い始めて早3年。いまさら「コンパクトカメラ感覚で使えます」といわれてもどうなんだろうと、モニター用のカメラが届くまで、正直、首を傾げ気味でした。特に、撮りたいモノが液晶モニターに映るという「ライブビュー機能」。一眼レフが「一眼」レフと呼ばれるのは、ファインダーを覗いたときの画像が、写真に映る画像とほぼ完全に一致するからです。何でまた、液晶モニターを見ながら撮影する必要が…?

blossoming tea cup

でも、マニュアルをしみじみ読んでみると、「ライブビュー機能」では、撮りたいモノが液晶モニターに映るだけではなく、映したまま拡大できるということを発見!これが、意外に使えるのです。私はマクロレンズで真面目にお花やお料理を撮るとき、マニュアルでピントを合わせます。ところが、私のようにPC作業でコンタクトレンズが常に乾き放題の近眼さんだと、これがけっこう大変。息を詰めてピント合わせするので、オーバーにいうと、撮影後は軽く酸欠(笑)。そのために、20回中19回はオートフォーカス頼みなのでした…。その点、Kiss F君は、最初に三脚にセットして、「ライブビュー機能」で撮りたいモノを液晶モニターに写し、拡大してピント合わせすれば、らくちん。十分に息を吸いながら、思う場所にピント合わせができます。うん、これは”かんたん”!

hanamame

それでは、”きれい”のほうはどうか、ということで、モニター期間中、ひたすらひたすら、緑、ピンク、茶のモノばかり撮ってみました。ケイトウ、紫豆、小豆粥。みんな”ピンク”だけれど、少しずつ色味が違います。Kiss F君、この色調の違いが、きみに表現できるか!あくまでもフェアプレイをめざし、画質は最高画質に設定、露出・ホワイトバランスはすべてカメラ内で調整、事後のPhotoShopはなし。その結果、撮れたのがきょうの日記の写真たちです。私はKiss F君、なかなか頑張るなとおもいましたが、みなさんのご意見はいかがでしょうか。

gdp#7: dreaming of better friday

きょうの写真たちのうち数点と、きょうの日記をきゅっと300字くらい(?)にまとめた記事は、『女子カメラ vol.8』誌面でどうぞ。いつもながら、(私はともかく)女子のみなさんの写真、とてもかわいいですよ♪

(あしたからは、いとしいKiss DNの相棒に戻ります。さみしいおもいさせて、ごめんね)


2008/10/18 (Sat) Helvetica
アメリカで大学に行っていたころ、学部に備え付けのMacintoshは触るのも恐れ多いような最新機種で、デザイン会社並みに多彩なフォントが入っていました。焼きたてのクッキーのように丸いフォント、かすれた筆跡のようなフォント、ひげがくるくるしたイスラムふう…。それぞれのフォントファミリーにlightやboldやitalicがあって、文字だけで、世界を紡ぎだすことができそうでした。

そんなフォントの海の只中で、グラフィック・デザインの先生に、「これは避けなさい」といわれていたフォントがあります。Helvetica。Windowsの標準フォントだと、Arialに近い、ごくシンプルで飾りのないフォントです。

ラテン語で「スイス」を意味するこのフォントは、1957年にスイスのハース鋳造所に開発されました。誕生から去年で50年を経ても未だ古くならないHelveticaは、パナソニックやトヨタ、東芝の企業ロゴにも採用されています。今月21日からは、ラフォーレ原宿で「ヘルベチカの過去・現在・未来」展が開催され、24日には「ヘルベチカ―世界を魅了する書体」というDVDも発売されるそうです。

「つまらなくて印象に残らないから避けなさい」と先生がいった、Helvetica。
つまらないから、印象に残らないから、多くのひとに愛されつづけた、Helvetica。
個性って、何なんだろうね?

lamp

2008/10/12 (Sun) 見ててね、はなび
誰も皆 悲しみを抱いてる
だけど素敵な明日を願ってる
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

滞らないように揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら
―Mr. Children 『HANABI』


最近、「はなびさんは、どうして”はなび”なの?」といろんなひとに聞かれるようになりました。どうしてこんなに急に聞かれるようになったんだろう、と首をかしげていたのですが、TSUTAYAの店内放送で「先週にひきつづき、今週も 『HANABI』がNo.1」と聞いて、なんとなく納得。…別に、Mr. Childrenのファンなわけではないよ!

蛇足ながら説明しておくと、「はなび」はもともと、PostPetのハムスターの名前でした。PostPetではずっとペンギンばかり飼っていたのですが、はじめてハムスターを飼ってみようと思い立ち、「ハムスター…ねずみ…ねずみはなび…よし、はなびにしよう」と安直に名前を決めたところ、その日のうちにPCがクラッシュしてしまい、1通もメールを運ぶことなく召されてしまった悲運のねずみ。それが「はなび」です。

「はなび」なんていう、薄命そうな名前をつけてしまったのがいけなかったかしらと反省し、ちっとも薄命そうではない私が名前を引き継いでいるのですが、「はなび」と聞くと、みなさん夜空に咲く、艶やかな大輪の花火を思い浮かべるようですね。Mr. Children の『HANABI』はそうでもありませんが、「花火」と名前のついたうたも、ほとんどがきれいで悲しい恋をしのぶうたで、日本人にとっての「花火」は「儚く美しいもの」の代名詞なんだなあと、ようやく気づきつつあります。

はなび本人は儚くも美しくもなく、夏生まれですらなく、名前負けも甚だしい感じなのですが…「ねずみはなび」の「はなび」なんですよ。ちょこまか動き回って、きゃあきゃあ楽しんでもらって、なくてもいいんだけど、ないとちょっとさみしい、そんな「はなび」でありたいな。

たのしいことばかりじゃなく、悲しみに押しつぶされそうなときもあるけれど。
私はまだ、この世界がだいすきです。明日もしぶとく生きよう。ねずみのはなび、見ててね。

lycolis


2008/10/11 (Sat) きれいなきみたちへ
猫を撮るときには、声をかけます。こんにちは、あなたきれいだね、しっぽの縞がたまんないね。ところで、これカメラなの、きれいなものの写真を撮るものなの。あなたきれいだから、撮らせてね…。そうすると、出会い頭で撮ったり、隠し撮りするよりも、ずっとリラックスして写ってくれるのです。あくびをしたり、伸びをしたり。オレ様な性格の子だと、ポーズをキメたり、どこかへ案内してくれようとすることもあります。

猫ほどには顔に出なくても、きちんと向き合えば、蝶々も花に止まっていてくれる、彼岸花は赤く鮮やかに写ってくれる、空さえもきれいに澄んでくれる…半分以上はおまじないみたいなものだけれど、何となく、そんな気がしています。

こういうふうにおもうのは、もしかしたら私が写真を撮られるのが苦手だからかもしれません。私は昔、知らない男のひとにストーキングされて、写真を隠し撮りされていたことがあります。そのひとにはもう会うこともないとおもうけれど、気づかないうちに、不遠慮に撮られる怖さを知っているから、私は、「私が撮りたい」より「あなたに撮らせてもらう」意識を持ったフォトグラファーになりたい。

世界はきょうもたまらなくきれいです。これ、カメラだよ、撮らせてね…。

stretch-walking

2008/10/08 (Wed) 肉=牛?
ひっそりと続いているGDP(Good-bye Digestive Pills)プロジェクト、本日のメニューは肉じゃが。これは初挑戦ではないのですが、その気の緩みが反映された仕上がりになってしまいました。はなび家では、肉じゃがには牛肉と男爵芋と糸こんにゃくを使い、彩りにさやえんどうを添えるのが定番なのですが、写真は豚肉。糸こんにゃく、さやえんどうは買い忘れました。うーん。

gdp #5: nikujaga

でも、これの残りをお弁当として持っていって、会社のひとにその話をしたら、「ええっ、肉じゃがは豚でしょ」というひとが多数。肉じゃがの肉は、はたして、豚なのか、牛なのか。Googleで検索してみると、大学の先生の研究発表が見つかりました。曰く。

●関西6府県だけの統計をとってみると、牛:豚=109:2と牛肉の圧勝で、この地域は「牛肉の入っていない肉じゃがは、肉じゃがではない」(大阪府)という意見に代表されるように、「牛肉の天下」と言えましょう。

●全国統計でも、牛:豚=71%:21%と牛肉の優勢は変わりません。ただ、東日本には、「牛肉の肉じゃがが存在することすら知りませんでした」(宮城県)といった声が多いのも事実です。そこで、試みに、第1回目で紹介した糸魚川-浜名湖ラインで区切って統計しなおしてみました。結果は、ラインの東側では牛:豚=38%:62%、西側では牛:豚=88%:12%と、かなりの東西差が見られることが分かりました。

●中には、「北海道ではスキヤキも豚肉」「ここ(福島県)でははすき焼きもブタです」などといった回答も寄せられており、東と西で「豚肉文化」「牛肉文化」の違いが、数字以上にあるように思われます。

―黒崎良昭氏(園田学園女子大学 国際文化学部、助教授)
「方言大学第5回:『牛肉と豚肉~肉じゃがの肉は牛?豚?』


さらに、ハウス食品の調査(平成8年)によれば、大阪では80%以上の家庭で牛肉がカレーに使われるのに、東京では約30%しか牛肉は使われず、代わりに45%近くの家庭で豚肉が使われている。豚肉の入ったまんじゅう(中華まん)のことを関西では豚まんと言い、関東では肉まんと呼ぶ、など、「関西では肉=牛」、「関東では肉=豚」という傾向が見られるとのことでした。私と母は関西に住んだことは一度もないのですが、どうやら父の何かが食卓に影響していた模様…。

ちなみに会社のひとの中には「肉じゃがには白滝でしょ」というひとも、たくさんいました。「糸こんにゃくって何?」というひともいました。糸こんにゃく…白滝より太くて、コンニャク・グレーのたべものです。知ってるよね?うちだけじゃないよね?関西ではたべるよね?身近なものだけに、「これってうちだけ?」な疑問がたくさんでてくるお惣菜。胃が治るかどうかより、そっちがたのしくなりつつあります。次は、おからかな?

2008/10/05 (Sun) heroes
入院中の父に外泊許可がでました。まだ歩けないので、ベッドから車椅子に移動させたり、お風呂を手伝ってあげる人手が必要。母と私では心もとないなあとおもっていたら、叔母と従弟が来てくれました。従弟は19歳と20歳。私だと脚を使いながら少しずつ動かすのがやっとの父の体重を、両側からひょいっとお姫様だっこして運んでくれました。男の子なんだなあ、かなわないなあ。

夜はみんなで従弟が借りてきてくれたDVDを観ました。「何がすきか分からないから」とトランプのように広げて見せてくれたDVDは、コメディ、アクション、ミステリー、ロマンス、ホラーを1枚ずつ。TSUTAYAの隅から隅まで悩みながら歩いてくれた姿が目に浮かびました。父は月曜日にはまた病院に戻らなければいけないけれど、みんなで見た007(私は途中で沈没)にご満悦の様子でした。

ちび従弟、昔は会う度にウルトラキックやスペシウム光線をくらって大変だったのですが(しかもはしゃぎすぎて後で必ず熱を出す)、やさしくて力持ちに育ってくれてよかった。いいこ、いいこ、ありがとう。

cosmos


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。