FC2ブログ
2008・11

<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>

2008/11/24 (Mon) 『だいじょうぶ。の本』
だいじょうぶ
ひかる言葉
胸に
ひとつ
抱いていれば
―中島未月・文/奥中尚美「だいじょうぶ。の本」


ちいさなころから、他の子と同じことができない子でした。3月末生まれで、他の子たちよりもからだも心も幼かったせいもあるかもしれない、ひとりっこで、のんびりぼんやり育ってしまったからかもしれない。一生懸命、ほんとうに一生懸命他の子たちと同じようにしようとするのだけれど、どうしても1テンポずれてしまったり、的はずれなことをいってしまって、結局「はなびちゃんは変な子」だといわれて、毎日とぼとぼ家に帰りました。ドラえもんの「いしころぼうし」があれば、誰にも気にされないですんで、変なことをしてみんなを困らせてしまうことも、変な子だといわれて悲しいきもちになることもないのに、とおもいながら。

とぼとぼ家に帰って、両親に「きょうも変な子だっていわれた」というと、母は「そんなこという子が変なのよ」といって憤慨し、父は「月夜の晩ばかりじゃないぞ」と笑って「だいじょうぶだからな」と頭をなでてくれました。もうすこし大人になってからは、トフィーが顔中をなめてくれました。初めて私をすきになってくれたひとも、「飽きなくていいよ」と私の変わったところを慈しんでくれました。

「だいじょうぶ?」ではなく、「だいじょうぶ」。そのことばが、ちいさなころから、どれだけ私を救い、守ってくれたか、わかりません。変だっていいのだと。がんばらなくてもいいのだと。愛されていいのだと。悪いことなど、何も起きないのだと。「いしころぼうし」がなくても、たいせつなひとたちのいってくれた「だいじょうぶ」にくるまれていたから、私は「だいじょうぶ」でいられました。

そんなあたたかな「だいじょうぶ」がたくさんつまった本が、先日出版されました。写真を撮っているのは、私のだいすきなFlickrフォトグラファーのrosemary*さん。やさしい色の写真たちと、あたたかなことばが、ページから溢れだしそうな本です。たいせつなひとへの贈りものに、どうぞ。

写真はもみじ、rosemary*さんの写真には遠く及ばないけれど、「だいじょうぶ。の本」のイメージで撮りました。だいじょうぶ、きっと明日もたのしいよ。

solitude
スポンサーサイト




カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ