2010・01

<< 12 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/31 (Sun) 同じ時代の
恵比寿の写真美術館に行きました。今回のお目当ては、いま生きている、新進の写真家さん6人が撮った「旅」の展示。展覧会だけではなく、トークショーにも足を運んでみました。トークショーは初めてでしたが、お話を聞く前と聞いた後で写真の見え方というか、見る深度が変わって、おもしろかったです。同じ日に木村伊兵衛/ブレッソン展も見たけれど、木村さんにはもう、直接お話をきくことができない。同じ時代に生まれ、生きているという幸運。

以下、トークショーでお話をきけた3人の写真家さんたちについてメモ。

出発―6人のアーティストによる旅/東京都写真美術館

■石川 直樹さん
1977年 東京生まれ。展示作は富士山。…といって思い浮かぶような「三角形の山が遠くに悠然とそびえていて、夕陽が照り映えている」という写真は1枚もない。彼の写真の富士山は、ごつごつと黒い山肌をさらしている。麓の町の火祭り、樹海に生える草、誰もいない斜面、白く骨のように立つ鳥居、きりたった崖。山とおなじ三角形に展示された作品群は山頂に近づくほど厳しさを増していく。「絵葉書や浮世絵のような富士山は撮りたくない」とヘリコプターを寄せたり、離れたりしながら単焦点レンズで撮っている彼の写真は「自分が見たままがうつらないのが面白い」のだそう。

■百々 武さん
1977年大阪府生まれ。日本の島々に着目している。北海道の雪嵐の中"ナマ脚”で歩く女子高生、沖縄の畑で腰を下ろす男性、彼の撮る島の風景には、必ず人がいる。「人しか撮りたくない」という彼は、でも、撮った写真を自分がそのとき、その場所にいたことを示す「自分ドキュメンタリー」でもあるといっていた。ときには畑の中で何時間も雑談してから、ときには銭湯の中で自分も裸のまま撮っている写真が、単なる他者の記録であるはずはない。

■内藤 さゆりさん
1978年広島県生まれ。展示作はポルトガルの風景。日本にとっての最初の西洋だったポルトガルがいまも長崎出島の印象のままなのを不思議に感じ、新婚旅行に旦那さまをほったらかしにし、いまのポルトガルを撮ったそう。光と色彩に溢れた写真は、そこにあった現実の風景というより、「私にはこう見えた」という彼女なりの真実の風景。正方形の写真を撮る理由は「時間はどんどん過ぎていくから、縦か横かを悩みたくない」。ふんわりした写真は、ふんわりしたきもちからではなく、ふんわりした写真を撮るという固い意志から生まれているのかもしれない。

写真は公園のミツマタ。
winter white

スポンサーサイト

2010/01/30 (Sat) あわせ鏡
写真展「あわせ鏡」にいってきました。ドコモビルが遠くに見える四谷二丁目のギャラリー。しかくいお部屋の4つの壁に、マスナリジュンさん、黒耳 堂さん、(ク)ニヒトさん、朝弘佳央理さんの写真が、ひびきあうように展示されていました。以下、作家さん別に簡単にメモ。(的外れだったらごめんなさい)

マスナリジュンさん
その日、そのときに、たまたま新宿を通りがかったひとたちのポートレイト作品。初対面だとは信じられないくらい、みんな、そのひとらしく撮られている。アートは悲しくややこしく不愉快なほうが高尚だと考えられがち。でも、命を敬意をもって撮ることのほうが、ほんとうは難しいのだとおもう。ひとが生きている一瞬をうつす鏡。それは撮影者をうつす鏡でもあり、みるひとをうつす鏡。

黒耳 堂さん
展示作品に写っている植物たちを「野良植物」と、黒耳さんは仰った。彼らは石でいえばエメラルドやサファイアではない。それでも写真の中の彼らは力強く、美しく、生命力を感じさせて、うっかりしていたら翡翠や瑪瑙になりそう。街で生きている植物たちの一瞬をうつす鏡。

(ク)ニヒトさん
本を読む奥さまを撮った連作。『これでよろしくて?』というタイトルの本を読む奥さまの写真は「”これでどうだ”くらいのきもちで撮ったんですよ」と (ク)ニヒトさんはお話してくださったけれど、写真の前にいると、(ク)ニヒトさんの奥さまの声が聞こえるー「これでよろしくて?」。(ク)ニヒトさんが投げかけ、奥さまが投げ返し、それがカメラの記憶へ。そしてその投げかけは、みているひとへも。

朝弘 佳央理さん
他の3人が比較的おおきな作品を展示されている中、おおきい写真、ちいさめの写真を交えての展示。配置は色や題材ではなく、感触で決めたそう。離れてみると楽譜のようで音がきこえた。ピアノか、オルガンか、笙のような。記憶のように重なり合い、音楽のように反響し、共鳴する合わせ鏡。

□□□

今回の展示に足を運んだひとつのきっかけは、昨年6月、ブログ『坂のある非風景』の「妥協なき苦痛、妥協の苦痛、苦痛なき妥協」という記事。この中で「hanabi daysとアマヤドリはそっくりである。双子でなければ姉妹に違いない」と並んで紹介されていた”双子”さんが、朝弘さんです。お会いしたこともお話したこともない方、”双子”とみていただくのが畏れ多いような方でしたが、きょうお話したらふしぎに懐かしくて、どきどきしました。すぐに帰りの電車に乗れなかったくらい。

もうひとつのきっかけは、(ク)ニヒトさん。flickrで公開されている毛糸球やスツールの穏やかな写真がすきで、何年も前からコンタクト登録をさせていただいていました。朝弘さんのブログ「アマヤドリ」から写真展へのリンクを辿り、(ク)ニヒトさんを見つけたとき、つながっているなぁ、とおもいました。

そもそもこの写真展も、マスナリジュンさんがTwitterで呼びかけて実現したものだそうです。あわせ鏡にうつる無限像のように、ひとやものや、きもちがつながって、広がっていく感覚。…いきているって、こういうことなのかもしれない、ね。写真は私なりの、野良植物。

cat's garden, winter

2010/01/25 (Mon) 足跡
めずらしく暗めの色調の写真を撮ってflickrにアップロードしたら、「はなびさんにはダークな側面はあるのですか」というコメントをいただきました。半年から1年に1回くらいは、誰かにこんなことをいわれている気がします。彼らが「ダークな側面」とか「負の感情」と呼ぶものが、私が「負」とおもっているものと同じなのか、「ふつう」と比べて多いのか少ないのかはわかりませんが、私も、それなりに怒ったり、疲れたり、哀しんだりしています。

私の文章やふだんのことばから「負」があまり感じられないなら、それは、私が「負」をことばにするのがあまりすきではないから。だってね、そのとき嫌な思いをするだけでも十分嫌なのに、言葉にしようとしたら、思い出さないといけないでしょう?大切なひとといるしあわせな時間に、思い出したくないでしょう?ましてやブログの文章に残したりしたら、ブログを開くたびに、思い出すでしょう?私はわざわざ何回も嫌なことを追体験することはないと考えています。そのかわり、しあわせなこと、たのしいことは、忘れないように書き残して、何回も、何回も、感謝したいとおもっています。それが、私の文章や写真が「明」のほうに傾きがちな理由です。

でも、ちょっと実験をしてみようと思い立ちました。これからしばらくTwitterで、なるべく短めの間隔で、かんじたこと、おもったことを、呟いてみようとおもいます。hanabi daysが記憶の宝石箱だとしたら、Twitterは喜怒哀楽のあしあと。とりあえず1ヶ月間くらい呟き、納得したらそのまま続けるなり、他の使い道を考えるなり、してみる予定です。迷っていた背中を押してくださったKENTARROWさんに感謝。写真は光の足跡。

hanabi__ at Twitter

gold frost

2010/01/19 (Tue) 『「R25」のつくりかた』
例えば、企業不祥事などの事件が起きたとして、株価が上がったか下がったかなど、起こった事象については意外に知っています。ところが、どうしてそれが起こったのか、どうしてそれがこれだけメディアで騒がれているのかが分からない。全体を俯瞰して見る見識が足りない。だから、深い知識になっていかず、消化不良感がものすごく残る。それを彼らは自覚していました。ただ、どうすればいいのかは、わかっていなかった。ということは、ニュースの消化不良感を取り除く、胃薬のような情報を提供してあげればいいのではないか。M1層が「自分たちに向けてくれている」と感じる書き方で、新聞を読み解くための基礎情報を提供すればいいのではないか。
―藤井大輔『「R25」のつくりかた』


子どものころ、お子様ランチが苦手でした。おいしくないし、子どもみたいだから。小さな子どもにブラックコーヒーやワサビを無理矢理たべさせるのは、もちろん正しくない。でも、「子どもならこんなのがすきだよね」「子どもにはこれをたべさせておけばいいや」と、とりあえずお子様ランチをあてがっておくのも、同じくらいおかしいような気がします。ほんとうにおいしいもの、いいものは、子どもも分かるはず。子どもがたべものを受けつけないなら、それはたべもののせいでも、子どものせいでもなく、そのたべものを子どもがおいしくたべられるようにお料理していない大人の責任だとおもうのです。

それは、メディアの世界でも、たぶん同じこと。ワカモノは新聞を読まないと大人はいいます。でも、それは新聞がワカモノでも読めるようになっていないから。大人が新聞をブラックコーヒーにしてしまっているからです。その一方で、TVや雑誌には、ワカモノはこういう情報がほしいんでしょとばかりに、エンターテインメントが溢れ返っています。でも、それは見た目は楽しげでも、ただあてがわれ、ただそこで消費されるだけの、お子様ランチのようなものでしかない。

それなら、これから本格的に大人にならなきゃいけない、でもコーヒーをブラックで飲めないひとは、どうすればいいのか。『「R25」のつくりかた』は、新規ビジネスの企画・運営のノウハウ本ではありません。この本に書かれているのは、R25世代が大人が口にするものをそのまま呑み下せないのだという理解、それでもたべたいのだという発見、そしておいしくたべてもらうための工夫。コミュニケーションの根っこだとおもいました。

「R25」はM1層(20~34歳男性)を想定したメディウムですが、こんなに情報が溢れている時代に、「ブラックコーヒーって苦いよね」とおもいながら平気なフリをしている大人はM1層だけじゃないはず。伝えるということをお仕事にしているひとりとして、気合い入りました。今年は「R25」より「L25」がたのしいとおもえる女子として生きようと固く決意したはずなのですが、お仕事のアイディアがいろいろ浮かんできて、ビジネス書ばかり読んでいます。誰か止めて、あ、でもたのしいからもうちょっと経ってから止めて、ね。写真は夜のゼラニウム。

geranium in the dark

2010/01/17 (Sun) 15歳
1月17日は阪神淡路大震災の日、でも、私の家族にとっては、大切な記念日です。
1月17日はトフィーの誕生日。トフィーの写真の前に、お花を飾りました。

もうしばらく会えないけれど、トフィーが生まれてきてくれて、私はとてもしあわせでした。
いま思い出しても、いっしょにおやつをたべたこと、お散歩のとき大冒険していっしょに
迷子になったこと、ボールの投げっこをしたこと、大きな犬から私を守ろうとしてくれたこと、
たのしくて、たのしいことしか、思い出しません。トフィーはいまでも、私のたからもの。
16年目もよろしくね、ありがとう。

flowers for toffee

2010/01/15 (Fri) それだけのこと
いつもはオフピーク通勤しているのですが、先日、朝早くに外出するお仕事があって、ひさしぶりに満員電車に乗りました。女性専用車両なら穏やかかなとおもったのですが、わずか30~40分のあいだに、足を5回も踏まれてしまいました。しかも、「ごめんなさい」の一言もなく。駅でドアが開いたら、誰もがわれ先に乗ってきて、降りたい女性が降りられず、「降ります!降ります!じゃま!」と乗ってくるひとたちを突き飛ばして降りていました。その足元には、誰も拾わない片方だけの手袋が、くしゃくしゃに踏まれて落ちていました。こんなだったかなぁ、満員電車って。

年が明けてから、あまりやさしくない光景を目にすることが多くて、気分が落ち込んでいます。電車の中吊り広告やフリーペーパーには、ともだち受けのいい服、合コンでモテるためのメイク、先輩や上司ににらまれない話し方、ランチタイムでの話題に遅れないための情報、そんなふうな「嫌われないテクニック」ばかり載っているように見えます。でも、きっと「自分のまわりのひと」と「自分に関係のないひと」の区別がくっきりしているのでしょうね。「自分のまわりのひと」に必死で気を遣う反面、「自分に関係のないひと」は冷たくあしらうひとが増えているような気がします。…どっちもへんだとおもうんだけどなぁ。

社会への反逆精神に駆られて、今週は駅や電車に落ちていた片方の手袋を2つ拾って届けてみました。ポイ捨てされたたばこの吸殻を拾うボランティア活動にも参加してみました。そうしたら、商店街のひとが、「拾ってくれてるの?ありがとうね~。ここらへんは今朝は私がお掃除したから大丈夫よ」と声をかけて下さったし、のら猫のサイクルも挨拶しにきてくれて、ひび割れていたきもちが少しほっこりしました。

「自分のまわりのひと」と「自分に関係のないひと」を区別したいならすればいい、気を遣いたいひとは気を遣えばいい、公共のマナーがどうの職場の人間関係がどうのと文句をいいたいひとは言えばいいけれど、ほんとうはきっと、そんなにムズかしいことはないのだとおもいます。誰だってやさしくされたらうれしいし、お返しにやさしくしたくなる―たぶん、ただそれだけのこと。私はきょう、やさしく声をかけてもらえて、しあわせでした。みんなの毎日も、もっとやさしく、しあわせでありますように。

cracked_sky

2010/01/12 (Tue) あなたならできる、っていってほしい
2010年の目標、というと大袈裟ですが、今年のはじめに「今年はまずはこれをする」と決めたことがあります。それは、公共料金の口座振替申込。こういうペーパーワークは理由があってかなり苦手なのですが、「電気が止まった」と話すと、家族もともだちも口々に、「あなたは忙しい上にぼんやりなんだから、口座振替にしなさい」と、怒ったり勧めたり宥めたり頼んだり…。すごく必要で大切なことらしいと、遅まきながら認識しました。

それで、きょうは口座振替申込書を書いているわけなのですが、私ね、住所が長いのです。勤務先の会社名も長い。申込書の欄にちっちゃい字でぎゅうぎゅう書いて、「フリガナ」の欄をすべて使い果たしてフリガナをふって、それだけで大体、30分くらいかかります。

でも、最後に印鑑を押したら、かすれた上に、少し欠けてしまいました…。印鑑の端っこだけをくるーって押し付けて、欠けている部分を補ってみたけれど、「悪い見本」のところに載っている、「かすれ」「二重印」の見本そっくりになりました。私が銀行のひとだったら、ぜったい受理しない。

こんなこともあろうかと、あと2枚予備をもらってきています。すでにきもちがめげかけていますが、今度は何よりも先に印鑑を押して、きれいに押せたのを確認してから中身を書くつもりです。もし住所がもっと短くて、印鑑を押すのがもっと上手だったら、何年も前に口座振替にできていたとおもうのです。どうしてマンション名が必要なのかな。どうしてカタカナにもフリガナが必要なのかな。サインじゃだめなのかなぁ…。よのなかはきょうも謎ばかり。

mizuhiki

2010/01/10 (Sun) いま何してるの?
同窓会で昔のクラスメートに「いま何してるの?」と聞かれて、
「同窓会に出てる」といったら、きっと呆れられる。

きのう会ったともだちに電話で「いま何してるの?」と聞かれて
「3年前からクルマの営業だけど」といったら、きっと驚かれる。

「いま水仙の写真を撮った」の「いま」は何分の1秒?
「渋谷なう」の「なう」は何分?
「いま我が社は転機を迎えている」の「いま」は何ヶ月?

「過去」「いま」「未来」の3つの中では、
「未来」がいちばんあやふやなものだとおもわれているけれど、実際のところ、
いちばんあやふやなのは「いま」だとおもいます。現象としても、ことばとしても。

それでもみんな「いま何してるの?」という問いかけに適切に
答えられるというのは、じつはとんでもないことのような気がします。
あなたが話している「いま」がいつの「いま」のことなのか、
それが私の答える「いま」と同じ「いま」なのか、
少なくとも私には、ときどきわからなくなります。

私が写真を撮るのは、だからなのかもしれません。
たとえ撮れるものがすべて、「いま」だった「過去」でしかなくても。

rose

2010/01/08 (Fri) 蛙の親は
きのうの夜中に母から「明日ごはん一緒にたべよう」と電話がありました。「トマトソースのスパゲティがたべたい」というので、きのうは夜の1時までぐるなびを検索。きょうはオフィスでは食通の上司にお店を聞き、昼休みにはレストランに予約の電話をかけては「年始は12日から営業いたします」という留守録や「夜は予約でいっぱいで…」という店員さんの声を聞いて過ごしました。

そして、約束の時間の1時間前。お仕事中に母からメールが届きました。「ラーメンたべたい」。しかたなく上司の目を盗みながらラーメン店を検索し、系統の違うラーメン店を何店か見つけてこっそり地図をプリントアウトし、待ち合わせ場所に急ぐと、「面倒だから駅ビルの上でたべよう」。

「せっかくプリントアウトしてきたのに」と訴えたところ、地図の方向へ歩き始めたものの、結局途中で見つけたトンカツ屋さんに「ここでいいわ」と入ってしまいました。そして、おなかいっぱいにトンカツをたべた後、外に出たら鯨料理のお店が。「あら、鯨もよかったわね」。

ずっと昔、家族で食事に出たとき、父は焼肉、母はお蕎麦、私はお寿司がたべたいといい、「まさか園児をひとりで寿司屋に行かせるわけには」と両親が話し合って、父は焼肉屋さん、母と私はお寿司屋さんに分かれて入ったことがあります。年越し蕎麦は毎年、父が天ぷら蕎麦、母が鴨南蛮、私がとろろ蕎麦でした(※家でつくっています)。私の気まぐれマイペースは、環境に育まれたのだとおもう…。

写真は従弟の年越し蕎麦、ちくわねぎ。(バリエーション増えてるし)

soba_chikuwa

2010/01/01 (Fri) 初春
winter sky, tokyo

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------

年末に、渋谷ロフトに手帳を買いに行きました。私は手帳に日々の予定の他に、やってみたいことや、こころに残ったことば、本で読んだレシピなども書き留めています。ほぼ1年を使い切った去年の手帳をみると、私の2009年がぎゅぎゅっと詰まった缶詰みたい。

新しい手帳には、地中海のような色のものを選びました。最初に書き込んだのは、手帳を買った日に読んでいた対談集の中の白州正子さんのことば。

結局、一生遊んで暮らしたんです。遊ぶことも難しいとおもう。(中略)
何でもすきだったら成長しますよ。ただ、ひどくすきじゃなきゃだめなの。
もう夢中にならなきゃ。-白州正子


お仕事も、家族やともだちとのかかわりも、生きていく上でのいろんなことはぜんぶ、つきつめれば遊びなのだとおもいます。私がいなくてもこの世界は成り立つのに、生かされているのだもの。必要ないのに在るものが、遊びでなくて、何でしょうか。

この世界で「遊ぶ」のは意外と難しくて、晴れた日のかたつむりみたいにひっそり閉じこもって暮らしたい日もあるけれど、それでも私はここがすき。ひどくすき。すきでいることを諦めなければ、きっともっとたのしく遊べるはず。2010年の終わりに、地中海色の手帳が、たくさんのすてきな「遊び」の記憶がつまった缶詰になっているといいな、とおもいます。

今年も、やわらかく、自由に、たのしみながら遊んでいきます。
みなさんの2010年も、たのしい遊びに満ちた年になりますように。
たくさんのしあわせがありますように。

ありがとう。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。