2010・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/17 (Sun) こどもの目、大人の目
warabimochi

二子玉川で丼を買った。中心に向かう刷毛目がちいさなつむじ風みたいで、手に持ったら棚に戻せなくなった。すこしずつ表情の違う丼のなかから、いちばんしっくりくるものを選んでいたら、小さな子どもを連れたおかあさんの声が聞こえた。「気をつけて歩いてね。ここにあるものは、みんな、落としたら必ず壊れるものばかりだからね」。

「歩くな」でも「触るな」でもなく、「壊したら怪我をする」でも「壊したら高い」でもない。ゆたかなことば。そう感じてツイッターでツイートしたら、わずか数日のあいだに、30人ほどのひとにリツイートしていただいた。18人しかフォローしていない私にしてみれば、常ならぬ数。どんなひとたちだろうと見てみたら、ほとんどが子育てに奮闘中の若いおかあさんたちだった。

「こういうふうに育てよう」と感じてくださったのかな。…私は「おかあさんに怒られなくて、いいなぁ」とおもっていたのだけれど。いくつになっても、一向にオサナゲが抜けない。
スポンサーサイト

2010/10/05 (Tue) ただの家電


父の誕生日に買ってあげたTVがすこし小さすぎて、見づらいらしい。
大きなものに買い換えることになった。小さなほうのTVは、
叔母が道に迷いながら私の家まで運んでくれた。

TVのある暮らしをするのは数年ぶり。
さっそくつけてみたけれど、画面がきらきらして見づらい。
設定をみたらシャープネスがいちばん強くなっていた。
標準値に戻しながらおもう。これが母の目と私の目の差。齢をとるということ。
そして、これは母と住む従弟の思いやりでもある。
20歳の従弟には見づらかっただろうに、きっと彼は母の目を優先してくれた。

ただの家電だけれど、このTVはいろんなひとのやさしさを知っている。

2010/10/02 (Sat) 葛西臨海水族館
tuna fish

高校生のころ、繰り返し同じ夢をみた。海のなかのらせん階段を下っていく。
まわりに青い魚がたくさん泳いでいて、息苦しさはなかったけれど、ひどく静かだった。
葛西臨海水族館はその夢にすこし似ている。

redfin fusilier

きょうはペンギンに遊んでもらった。水面から来場者を見下ろしていて、
誰かがハンカチを振ると好奇心たっぷりに寄ってくる。
それをみていた私も好奇心丸出しだったはず。こころの充電が進んでいる。
おさかな、ペンギン、ありがとう。

penguin

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。