2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/09 (Sun) ジャッジメント
言葉に近いところでお仕事をしていると、言葉の怖さを感じるときがあります。たとえば、優しくしているつもりでひとを傷つける言葉があるという事実。「可哀想に」。相手が自分より不幸なときに使います。「ゆるす」。相手が自分に対して良くないことをしたときに使います。気付きませんか。どちらも優しくこころが広いように見えて、上からの目線なんです。意識的にせよ、無意識にせよ、自分が相手より上だとおもっていないと出ない言葉なんです。ほんとうは、ひとのこころに上も下もないのに。ほんとうは、ものごとには善も悪もないのに。「可哀想に」「ゆるす」そういった瞬間に、言われたひとは「不幸」「悪」のラベルを貼られてしまうんです。

その効果は二者間に留まりません。それを聞いた第三者は、ラベルを読みます。「可哀想なひとだな」「それを気にかけている彼/彼女は優しいひとだな」。こうして、灰色の真実が、黒や白にされていくこともあります。朝の新聞で、インクの匂いのする活字が。昼下がりのワイドショーで、レポーターの声が。星の数ほどあるブログで、誰かの声が。たくさんのラベルを貼っていきます。

違う方向で難しい言葉もあります。「大変だね」「元気になってね」「頑張ってね」。そう言われて、言い出せなかった愚痴を言えるようにひともいるかもしれません。気持ちを奮い立たせるひともいるかもしれません。でも、もしそのひとがもう頑張れる限界まで来ていたら?元気になる元気すらもなくしていたら?

言葉の底にある思いは、善意なのかもしれません。だからこそ、自分が何を言うかを意識することが大切なのだとおもいます。自分軸での「優しさ」「正しさ」に慢心せず、誰かが貼ったラベルを鵜呑みにせず、視点をスイッチするセンシビリティが必要なのだとおもいます。私はきょう、ここで「剣」をかざしています。意識的に。そのことで、「優しい」ひとに「傷ついた」、でも「許す」、「可哀想」なひとだから、とラベルを貼られるかもしれません。そのラベルを信じるひともいるかもしれません。でも、そのひとのラベルだけが真実とは限らない。私の「剣」が真実とは限らないのと同じように。そのことが、ラベラーにも、いつかどこかで分かってもらえるといいな。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/175-023a155f

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。