2017・03

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/08 (Wed) 有言実行の限界
広尾に行くと言って広尾に行き、スニーカーを買いに行くと宣言して買いに行き、私にも週末を活動的に過ごすことができるんだな、と嬉しくなっていたら、熱を出してしまいました。有言実行にからだがついていけない模様。情けない気持ちで勤め先にお休みの電話を入れ、ベッドの中でおとなしく「ハウルの動く城」のレンタルDVDを観て過ごしました。

劇場で観たときの印象どおり、きれいで、ちょっとカユい台詞の出てくる映画でした。そして、あまりすっきりしませんでした。反戦がテーマと言われながら、戦争が終わった様子がはっきりと描かれていないからか。家族愛がテーマといわれながら、ソフィーとお母さんの隔絶がそのままだからか。公の幸せよりも、個人の幸せに重きが置かれているからか。人によっていろんな意見がありそう。

DVDで見直した収穫は、英語版とフランス語版が観られたこと。イギリス在住のともだちが「英語で観ると、表現が直接的で、日本語よりどぎつい印象がある」と言っていたのが、よく分かりました。声優さんも、王様やサリマン先生、ソフィー、マルクルは海外版も良かったと思うのですが(「マダム」なんていう言葉は、日本語にはしっくり来ませんよね)、ハウルは日本語版のほうが少年ぽさが残っていて好きです。海外版のハウルの声は、何だか低くて、深くて、このひと絶対胸毛がもさもさ生えてるに違いないという感じがするんです。荒地の魔女も、日本語版の…というか、美輪明弘さんに対抗できる声はいないようにおもいます。見ためは同じなのに、言葉と声の印象って大きいんですね。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/25-bc11527c

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。