2017・03

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/06 (Tue) 撮れないムカデ
写真に詳しいひとに「前ボケ」ということばを教えてもらいました。お花の写真を撮ったりするときに、主役にするお花の手前に別のお花を置き、ぼかして奥行き感のある写真にすることをいうそうです。うーん、すごい、プロっぽい。

私は写真を撮るとき、あまりものを考えていません。てくてく、あっ花だ、ぱちっ、てくてく…くらいのノリで撮っています。お散歩中、電柱に立ち止まるトフィーのほうが、ずっとずっとものを考えているはず。

しかし、それで良いのか。先日、上司に「より良いものをめざす心意気が偉い」と褒めてもらったばかりです。下手でもたのしければいいや、といつまでも開き直っていてはいけないのかも。やる気が失せないうちに、お花のところへ行き、狙いを定めて撮ってみました。どうだ!初、意識的前ボケ!

narcissus #2

……何だか、手前のお花が邪魔な気がしなくもなくもなくも…。くすむ向上心。気分直しに何も考えずにもう1枚撮り、その足で図書館に行って、『花の写真の撮り方』という本を立ち読みしてみました。「花の写真を撮るときには、前ボケを使うと空間が演出できる。ただ、白い花は目をひいてしまうので向かない」。なるほど、敗因はそれか。でも、別の本を見たら、「梅のような地味な花は、前景、後景に他の枝をいれ、ボリューム感のある絵に」と書いてありました。挿絵写真の梅は、白。分からなくなってきました。

写真のことをほとんど何も知らないから、もう少し知りたいとおもったのに、このままだと、どの足から動かすのか聞かれて、踊れなくなったムカデみたいになりそうです。たのしければ、上手く撮れなくてもいいかな…。

narcissus #1

comment

こんばんは。Mです。
この記事はとても意味のある記事でした。ここがちょうど趣味人と専門家の境目、敷居なのです。無意識に撮っていたいい作品を、今度は意識的に撮ることになります。
歩けなくなったむかでのように、ここから「夜の世界」が始まるのです(引き返すなら今です!)。詩の世界も同じで、いかにして言葉を駆使するかとか言葉とは何かといった問題に出会ってゆきます。
そんな世界ですが、利点もあります。初めて他の人の作品の良さがわかり、その理由を説明できるようになることです。
2007/02/07 01:03 | URL | M [ 編集 ]

>Mさん
きゃー、脅かさないでください!
引き返したい気持ちでいっぱいになってしまいます。

他の人の作品の良さは、「夜の世界」に入らなくても
味わえるのではないでしょうか。専門家の何千字もの
批評よりも、何も知らないひとの、いいなあ、とか、
つまらないなあ、という呟きのほうが、的を射ている
こともありますね。裸の王様の子どものように。

その呟きの理由が説明できるようになるためだけに
キリキリするなら、私は子どものままで構いません。
進むなら、夜の闇の中でも、時折光に出会う可能性が
あると信じたいです。怖がりなのかもしれませんね。

Mさんは「夜の世界」に進んでしあわせですか?
2007/02/08 00:04 | URL | はなび [ 編集 ]

批評こそが、みんなの自然な感性、「いいなあ、とか、つまらないなあ」というものと作品をつなぐ通路を引くことができる、そう思っているのです。
黒沢明もヒチコックも、トリュフォーとかの批評があって、初めて世界の黒沢となり、世界の人々と出会う空間が生まれました。
作品は、お寺の鐘みたいなもので、批評はその鐘を打つ打ち方です。すばらしい音を響かせることができたとき、その響きは鐘が最初から持っていたものとなって、批評は消え去ります。作品に「まるで初めから作品が持っていたかのようなもの」を付与し、消失すること。それが最良の批評の運命だと思います。

次の作品を書くためには、人は前の作品を反省できなければならないと思います。傑作を必然化しながら芸術も個人史を持たなければなりません。でもはなびさんのように、瞬間瞬間をメインに生きたすごい人もたくさんいますね。そういう意味では瞬間しかないカメラは最適です。なにしろ長期的プランに立つことのできないはなびさんですから。
2007/02/09 16:02 | URL | M [ 編集 ]

感じ方も
考え方も
生き方も
人それぞれだから
撮り方も
見方も
それぞれだし

なにがいいか
わるいかもない

・・・ようなきがします

はっきりしたことなんて、ない

・・・気がします

わたしは、あなたの撮る写真、とてもすきです

おいしそうだし、きれいだし、かわいい

たぶん、あなたの文章より
写真のほうが正直にみえる

あなたが、うつくしい、うれしい
かわいい、おいしい、いとおしと心から感じることが

より、いとおしい、うれしい、かわいい、おいしい
写真がとれることにつながってるとおもう

わたしは、絵描きで、セラピストで
それでごはんを充分に食べていけてるけど、
ほとんど誰かにならったことがありません

すきだー!すてきだー!

それだけです。

どうして、そんなに透明な色がだせるんですか?と
聞かれることがあって
水の量や、絵の具について答えるけれど
ほんとうのところは
なるべく透明な優しい心で生きることしかないと
おもっています

あなたの写真、とても美しいと思う

それは、あなたが美しいということだとおもいます

2007/02/09 17:41 | URL | ゆう [ 編集 ]

おもいだしたこと、もうひとつ。

わたしの知ってる写真家さん。
世界中で活躍していて、オノ ヨーコさんとか
素敵な人と交流している人なのですが
であったばかりのころ、

「わたし、三脚はもっていないんです」って言ってた
「人を撮るのがすきだから。
 人に近づいて、自由に撮りたいから」っていうようなことを言ってた

必要になったら、必要なものを揃えればいいって。

もちろん、人以外のものもとってるし
ちゃんと写真の世界で評価されてる人でもある

日本で一番の高額納税者の
おじさんも同じこと、言ってた。

道具だけじゃなくて技術もきっと、そうだとなぁとおもう。
欲しくなったら、学びたくなるし、そういう学びって
きらきらして、光もいっぱいだとおもう

光も闇も、表裏一体だから
どちらかひとつではないけれど

いっぱいの光をしっていたら
闇はこわくない
おもしろかったり、ふしぎだったり
すてきだったりもする

夜が
こわくなったら、ねちゃえばいいし
ねられなかったら、でんきをつけてあそんじゃえば
そのうち朝になる

いっぱ~いたのしめますように。

わたしも、いっぱいたのしみま~す。




2007/02/09 18:18 | URL | ゆう [ 編集 ]

うーん、写真の撮り方の話をしているのに、人生相談をしたかのような
コメントばかりいただいているのはなぜだろう(笑)。親身にありがとうございます。
うれしいです。お返事が長めになってしまったので、別々にレスさせていただきますね。


>Mさん
なるほど、鐘の鳴らし方なんですね。
私は「いま」「ここ」に目を向けがちなので、そこまで広く、遠い視野は持てそうにありません。

私が何かをつくるときには、私自身がたのしめ、大切なひとたちがたのしんでくれれば、
世界がそれに気づかないままでも、かまいません。(気づいてもそれはそれで、
たのしいですが)

私が何かを批評するときも、主な目的は自分のための覚書です。
他のひとたちには、そこに鐘がある事実が伝われば十分だとおもっています。
(だから、本でも映画でも、あらすじの説明や、”一番”心に残ったことばの引用、
”メイン”テーマへの洞察、5つ星評価などはしていないこと、Mさんならもう
気づかれていますね)

ブログ日記とカメラは、深い考えもなく選んだものですが、私に最適なメディアかも
しれませんね。小説やビデオだったら、あやうく終わらないところでした。
2007/02/10 23:36 | URL | はなび [ 編集 ]

>ゆうさん
初めまして。写真、ほめてくださってありがとうございます。

私もあまり良い、悪いの判断はしないほうだとおもいます。判断、するのもされるのも
苦手です。そして、おそらくは、表現者ではなくて、伝えるひとなのだろうとおもっています。

だから、私はおいしそうな写真やきれいな写真を撮ろうと意識して撮ることはないです。
私のこころの動きを意識して写そうとすることもしていません。何をおいしい、きれい、と
感じるかは人それぞれだとおもうので、「ほら、おいしそうでしょう!」「ね、きれいでしょう!」
と、自分の感動を押しつけるような写真は、できれば避けたいんです。
(実際は、映っちゃってますけどね)

いまは、透明なフィルターのようになれたらいいなあと、おもっています。
光を虹にわけて見せるプリズムのようではなく、それ自体が輝くクリスタルガラスの
ようでもなく、透明で歪みのない窓ガラスのように、光を光のままで伝えたいんです。

そのためには、こころが透明であるだけではなく、技術も必要かなと感じ始めています。
同じことを以前文章でも試みて、たのしいこともあったけれど、結構山あり谷ありでした。
基本的に自分のための趣味である写真で、そこまで山や谷を越えたいか、考え中です。
すきだから越えられるとはおもうのですが、ちょっと勢いとか、体力がいりそう…。

あまり考えるとたのしくないので、しばらくお試しで山にのぼってみています。
「前ボケ」ということばを知っただけで、目からウロコがぼろぼろおちて、たのしいですよ。
たのしくなくなったら休みます。私は、私のやりかたでたのしみます。
ゆうさんも、あなたのやりかたで、たくさん、たのしんでくださいね。
2007/02/10 23:41 | URL | はなび [ 編集 ]

はい^ー^
生きること・・・
おしごと、あそぶこと、あいしあうこと
いろんなことがあるけれど
やりかたなんてきまってなくって
みんなたのしんでますよ~♪


それと、技術は、必要であれば、
そういうふうに、心と身体が動いちゃうので、
自然についてしまうものだなぁと感じているけど
必要じゃないともおもってないです
どっちでもいいとおもってますよ☆




2007/02/11 02:57 | URL | ゆう [ 編集 ]

それと。。。
なんかおしつけがましいことや
きめつけるようなこと、いいたかったわけじゃないのだけれど、そんなふうに響いてしまって
いやな気持ちにさせてしまっていたら
ごめんなさい

削除しようかとおもったけれど、どうしてなのか
やってみたけれど、できませんでした・・・

これからは、なるべく陰ながら応援させていただきます☆^ー^
2007/02/11 03:48 | URL | ゆう [ 編集 ]

>ゆうさん
お気遣いありがとうございます。嫌な気持ちにはなっていませんよ。
善意から書いてくださったこと、きちんと伝わっています。
コメントを削除していただく必要はありませんし、
書きたいことがあればいつでも書いてくださってだいじょうぶです。
もちろん書きたくなければ書かなくてもかまいません。

もう一度いいますが、私は判断をするのもされるのも苦手です。
だから、私と違う感じ方や考え方を持っているひとがいても、
そういう感じ方や考え方のひともいるんだなあ、と、おもうだけです。
ですので、そんなにいろいろ気にしなくてもだいじょうぶですよ。
2007/02/11 23:47 | URL | はなび [ 編集 ]

Mさんの「敷居」に強く共感しながら
ゼネラリストの道を歩む小鉄です。
ここに立ち寄る人々は、皆はなびさんの
写真(+文章)が、すき。
自分では読まないくせに気になるのは、
「最近、読書の時間がとれないのかなぁ。」
ということ。

撮影の話。
私の理解では、前ボケは花に限られることはなく
主役を引き立たせれば、なんでもOk。
なのではなびさんの水仙は主役を
食いそうなので、違和感を覚えられたのでは?
もう一点、前ボケに限りませんが
イメージ増幅に使用する時と、説明的に使う時を考えています。
前者は花束のかすみ草じゃないかなぁ。

狙った前ボケは、おしべ接写の花弁しか見当たりませんでした。
そうか、やっぱりむずかしいんだ。。。
2007/02/13 21:14 | URL | 小鉄 [ 編集 ]

>小鉄さん
本は変わらないペースで読んでいますよ。
どんなに忙しくても月に3~10冊は読みます。
朝コーヒーを飲まないとだめ、みたいに、
読まないと調子が狂ってくるんです。
レビューを書かないのは、時間的なものもありますが、
主に、心にひっかかる本がないからです。覚書なので、
よくも悪くもするっと通ってしまった本のことは、
あまり書かないのです。ですので、ご心配なく。

撮影の話。主役、脇役は大切ですね。
この日記のあと、いろいろ試して実感しつつあります。
イメージ増幅的な使い方は何となく想像がつきますが、
説明的な使い方って、どんな感じでしょうか?
お花畑の中の1輪にピントが合っていて、
その他のお花は丸になってボケていて、
ああ、これはお花畑なのね、みたいな感じかな。
狙った前ボケ、すてきなものが撮れたら
見せてくださいね。
2007/02/14 22:34 | URL | はなび [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/344-5f8cea64

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。