2017・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/09 (Fri) 仰げば尊し
小学校で、古い卵と新しい卵を見分ける方法を習ったという。(略)割って黄身が高く盛り上がっているのが新しく、黄身が平べったくなっているのが古いと教わったのだそうだ。そして、後で試験にこれが出た。「図のようなふたつの卵があります。あなたはどちらを食べますか?」お子さんは即座に平べったいほうと答えた。クラスメートは全員、盛り上がっているほうに丸をした。正解は盛り上がっているほう。こちらが新しいということであった。

お子さんはだから、平べったいほうを正解としたのだった。冷蔵庫から卵をふたつ取り出して賞味期限に差があれば、まずは古いほうから食べるというのがあたりまえだから。それがペケにされて、お子さんはずいぶんと傷つかれたという。
―鷲田清一『「聴く」ことの力―臨床哲学試論』/「坂のある非風景」より再転載


坂のある非風景」で冒頭のエピソードを見て、思い出したひとがいます。中学の国語の先生です。あのひとに会ったのは、確か中学2年生のとき。1学期の中間テストで、ひどい点数を取りました。本好きが幸いしたのか、国語だけは成績がよかったので、×だらけの答案には正直愕然。親への言い訳を考えながら、その日の授業は熱心に聞きました。でも、2箇所、どうしても納得できない×がありました。授業の後、先生に質問をしにいくと、返ってきたのは「ここはこれが正解なんだよ」という、すげない答え。ますます納得できません。

それをともだちに説明すると、ともだちのひとりは「はなびみたいな考え方もあるかもね。でも、×がついたからには×なんだろうね」と。もうひとりは「あたしもここ納得いかないよ。でも、しかたないよ、先生バカだし」といいました。まだ納得できません。

そこで、塾で国語の先生にも聞いてみました。すると、塾講師は「1問めははなびさんが正しい。2問めは先生が正しい。悪問だね、これ。こういうのは入試には出ないから安心していいよ」といいました。そんなこと、いわれましても。

家に帰ったあと、父にも(言い訳がてら)説明しました。父はいいました。「1問めははなび、2問めは先生が正しい。先生はバカかもしれないけど、それならそのバカっぷりに合わせて解答しなさい。テストは正しい奴が正解なんじゃなくて、何を答えてほしいか当てた奴が正解なんだから」。

正答は正しい答えだから正答というのだとおもっていました。でも、正しいことなんて、ほんとうは誰も知らない。正誤を決めるのは、ただの合意です。僕はこれが正しいとおもう。私もこれが正しいと認める。だから、いま、ここで、僕と私の間てはこれが正しいということにしよう。ただ、それだけ。だから、「正しい」答えのことを、合っている、というのだなと、齢14歳にして、ようやく理解しました。

中学で暗唱した「まだあげそめしまえがみの」なんて、卒業してしまえばちっとも使う機会がありません。でも、どんなひとの中にもそれぞれの「正答」があって、それを正しく理解しなければ「正解」を出すことができないという経験は、今もきちんと役立っています。私が信じていることが私の「正解」でしかないことも、私の疑問に答えてくれる「正解」がどんなに貴重なものであるかも。中学校であの先生に会っていなかったら、もっと大きくなるまで、知らないままだったかもしれません。勉強嫌いの学生さん、学校も先生も勉強も、捨てたもんじゃないよ?画像はサクラサク。

sakura

comment

はなびさん、こんにちは。
それぞれの「正答」、というのがまた難しい問題を作り出してしまうのですね。
そんなことよりも、はなびさんの「お父上」はいいですね。なるほど、こういう父親がはなびさんを育てるのか、なんてとこに感動してしまいました。それをヒントにぼくも娘に接してみます。
2007/03/17 16:05 | URL | M [ 編集 ]

>Mさん
コメントありがとうございます。
父はあまり深く考えずに私を育てたようですよ。
私がすっかり大人になってしまってから、
「何も考えないで育てるとこうなるのかー」と
何やら納得(後悔?)していました。

私はMさんの説では不幸なので、お嬢さんの幸せを
願うならこうは育てないほうがよろしいかと…。
2007/03/17 20:17 | URL | はなび [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/370-64a7cc11

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。