2017・03

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/26 (Tue) ふらりスペイン:七転び八起き・2
【4転び】飛行機が飛ばない…
バルセロナ→マドリッド間の移動には飛行機を使いましたが、機体に問題が見つかったとかで、飛ばなくなってしまいました。その後の便に振り替えてもらい、空港内のレストランならどこでも無料で食事ができるクーポンをもらえたのは、不幸中の幸い。あまりお腹がすいていなかったので、手近なコーヒースタンドでカフェオレとサンドイッチを頼んだら、おじさんが「もっといいレストランに行けばいいのに!このクーポンがあればお肉だってエビだって食べられるのに!」としきりに残念がってくれ、ボトル入りのミネラルウォーターをおまけでつけてくれました。ありがとう、おじさん♪

white flower

【5転び】飛行機が遅れた…
帰りの飛行機はブリティッシュ・エアウェイズ/イベリア航空のコードシェア便でイギリスのヒースロー空港に行き、ブリティッシュ・エアウェイズに乗り継ぎます。乗継時間は1時間半。行きは1時間20分かかったから、ぎりぎりだな…とおもっていたら、マドリッドの空港で、ヒースローへの便が30分遅れるというアナウンスが。何もしなければ、確実に成田への便を逃します。ボーディング・ゲート付近にブリティッシュ・エアウェイズのカウンターがなかったので、イベリア航空のカウンターで事情を話してみましたが、「ブリティッシュ・エアウェイズのことは知らない」の一点張り。ジェネラル・インフォメーションで、ブリティッシュ・エアウェイズのチェックイン・カウンターと連絡が取れないか聞いてみましたが、「他の航空会社はセキュリティ・ゲートの内側にカウンターがあるから、外のカウンターの連絡先は知らない。内側にカウンターがないブリティッシュ・エアウェイズは世界一の馬鹿会社だ」と愚痴が始まってしまいました。ボーディング・タイムに間に合わなくなりそうだったので、最後の5分でともだちに電話。ブリティッシュ・エアウェイズのカウンターに連絡を取ってくれるよう頼みました(最後の最後まで迷惑かけてごめんね)。

ヒースローへは、予定より50分遅れで到着しました。空港の建物に入った時点で残り時間は40分、セキュリティ・ゲートの前には、長い長い行列が、ロープに沿って6回も折り返していました。こうなれば奥の手。右手にパスポートとボーディングパス、左手にベルトと脱いだ靴とキーチェーンを持って、「飛行機に乗り遅れそうなんです」と叫び、先に通してもらいました。そのまま靴の紐も結ばずに空港の端のゲートまで走り、飛行機の中で時計を見たら、ちょうどゲートの閉まる時刻。不振な空席をたくさん残しながら、飛行機は飛んでいきました。海外だと、チェックインしていても、時間になると飛ぶ飛行機がけっこういるのです。特に、エコノミークラスで飛ぶときは、何をしてでも時間に間に合うべき。ブリティッシュ・エアウェイズに連絡してくれたともだち、「先に行きなさい」とロープを持ち上げてくれた50人近くのひとたち、ありがとう♪

toledo station

【6転び】スーツケースがまた届かない…
何とか飛行機に乗れた私ですが、成田のバゲイジ・クレイムで待っていたのは、マユゲが八の字になったブリティッシュ・エアウェイズのお姉さんでした。「大変申し訳ないのですが、お客様のお荷物はまだヒースローに…」。からだは間に合ったけれど、スーツケースは間に合わなかったようです。家に帰れば着替えも洗面用具もあるので、重い荷物を家まで持っていかずに済んだとおもえば、不幸中の幸い?

【7転び】バックパックが破けた…
学生時代、本を5キロ以上入れても持ちこたえていた愛しのバックパックが、旅の過酷さに耐えかね、ついに破けてしまいました。こんなこともあろうかと、持っていた安全ピンで応急処置。そんなものまで持ち運んでいるから破けるのかもという気はしますが、まあ、不幸中の幸い。最後まで、いっしょに旅をしました。長いあいだ、私の背中でがんばってくれてありがとう。最高の旅なかまだったよ、バックパック。

casa batlló: conversation

【8起き】旅の終わりに…
最近元気がなかったので、ゆっくり青い空でも眺めてたのしもうと出かけた旅でしたが、vacationというよりはadventureな休日でした。旅をすると、多かれ少なかれ、いろんなことが起きます。そのたびに、「何でこんな目に?」と怒ったり、絶望したりしていたら、旅の時間がもったいない。備えられるものは備え、それでも何か起きてしまったら、さっさと受け入れて、できるかぎりのことをして、いろいろなひとやものに助けてもらいながら、まだ残っているたのしさをたのしめばよいのだとおもうのです。それはきっと、旅ではない毎日の中でも同じ。1週間の旅も、一生の毎日も、大して変わらないのだとおもいます。だから、明日からも、好奇心のアンテナを張って、ひとにあい、笑い、食べ、写真を撮り、七転び八起きしながら、毎日を旅していきます。あなたも、毎日、よい旅を!

※画像は上からバルセロナの花、トレド駅の飾り窓、カサ・バトリョの窓

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/442-8c7c81a0

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。