2017・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/28 (Tue) 果敢なるディナー
出張ではオフィスに缶詰が基本。ランチもPCを覗きこみながらサンドイッチです。でも、せっかく遠いところを来ているのだからと、現地のコーディネーターが夕食やちょっとした観光をプレゼントしてくれることがあります。

きょうはナイトサファリに連れていってもらいました。お仕事を終えて動物園に着く頃には、あたりは闇。篝火に照らされた道の先に、窓のないバスと、陽気なガイドさんが待ち構えていました。

「本日はナイトサファリにようこそ。動物たちは本来夜行性。これからが動物たちの時間です。昼間には見られない動物たちの素顔をご覧ください。なお、本日はみなさまのためにディナーをご用意しました。前菜はバスの中で、動物たちを見ながらお召し上がりください」

バスの中には、白いクロスがかけられ、キャンドルライトに照らされたテーブルが。これはたのしい。しかし…暗い。前菜が見えません。

「右手をご覧ください。マレーバクがお食事中です」

バクが見たい、見たいのだけど、お皿に神経を集中しないと前菜がフォークにささりません。暗闇に目を凝らしてフォークを使ううちに、バスが停まりました。

「メインディッシュはカフェにご用意しました。バスを降りてください」

カフェへの通路で、隣のひとに話しかけられました。

「ね、前菜何だったかわかった?」
「暗くて見えなかったけど、たぶんサクサクしたのはリンゴかな」
「何かもそもそして味のしないもの食べちゃったんだけと、飾りの造花かな」
「日本に油揚げっていうのがあるんだけど、それっぽかったよ」
「シンガポールにもそのアブラアゲってあるの?」
「さあ……」

明るいところで鶏を食べたあとは、再びバスに乗りながら、デザートのコーヒーとチョコレート。この暗闇になんて果敢なメニューなの。おみやげは小さなサイのぬいぐるみでした。おもてなしにもいろいろなかたちがありますね。不思議で、たのしかった。ありがとう。画像は明るいうちに他のところで撮った、ちょうちょ。

butterfly

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/456-baa2ea21

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。