2017・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/04 (Tue) ササヒカリのきもち
朝ごはんのトーストにはちみつをかけたら、パンケーキをいっしょにたべに行ったともだちが「今年は”私はこれがすき”といえるものを増やそうとおもう」といっていたのを、ふと思い出しました。それで、きょうは何となく、すき、というのがどういうことか、ぼんやりと考えていました。

私のすきなもの。たとえば、本。私は本がないと生きていけないとおもいます。コンビニよりも図書館に行く回数のほうがずっと多く、TVを観るより本を読む時間のほうが多い、そういう暮らしをしています。でも、誰かに「すきな作家は?」と聞かれたら、すぐに応えられる自信がありません。

理由はいくつかあります。ひとつは、「お米はどれがすき?」と聞かれて「ササニシキ」と即答できないように、あまりにも本が日常すぎて答えにくいということ。ふたつめは、あまりにもいろんな種類の本を読んでいて決めにくいということ。そして、もうひとつは、本の好みをパーソナリティや好み全般と結びつけて考えるひとが多いということ。

たとえば、「司馬遼太郎がすきなひと」と「赤毛のアンがすきなひと」は、一般的に「違う人種」だということになっているようにおもいます。だから、「司馬遼太郎」なひとたちの中で、「赤毛のアンがすきです」と表明することには、ちょっとしたリスクがある。私には、それがすこし怖いのです。選ぶことはいつだって捨てることと同義で、ほかのひとへの表明は、いつか自分への真実にもなるかもしれない。だから、それほど親しくないひとに「すきな作家は?」と聞かれて、このひとには村上春樹あたりが無難かななどと考えている自分に気づくと、ため息が出そうになります。

迷いなく「これがすき」と認識し、それを堂々と表明できるひとは、私にはまぶしくみえます。ともだちがいっていたのも、そういうことかな、とおもいました。堂々とコシヒカリ、といえる強さか。堂々とササヒカリ、といえる強かさか。なにを、えらぼう?

nanohana

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/535-27ee40d0

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。