2017・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/09 (Fri) 天国の門
トフィーが天国に行ってから、1年が経ちました。でも、実際のところ、“天国に行ってから”なんていう表現は、ぜんぜんピンと来ません。

暮れに私が実家に帰ったとき、私が寝ている部屋に本を取りに来た母は、私がベッドの隅っこに寄って不自然な姿で寝ているので、「もっと真ん中に寝たらどうなの」と声をかけたそうです。私は寝ぼけ声で、「トフィーがいるから」と応えたのだとか。

トフィーはいつもは母と一緒に寝ていましたが、私が実家に帰ると、最初の一晩だけ、必ず私のベッドに潜りこんできました。私が留学先から初めて一時帰国したときには、嬉しくてうれしくて、時差ぼけで眠る私の毛布の上で、粗相をしてしまったこともあります(それが最初で最後の「うれしょん」でした)。

そんな犬だったから、このあいだの年末にも、たぶん天国から駆けつけて、私と寝ていたような気がしてなりません。夢をみて、寝ぼけていたのかもしれないけれど…。

天国に行ったら、もう会えないなんてひとはいいますが、天国のドアには、きっと犬用通用門が小さく開けられているに違いない。写真は、鶴屋吉信のおまんじゅう。トフィーがすきそうだなぁ。

new year treat

comment

うん、涙がでそうになりました^^
そうですね、きっとあるはず。誰にでも忘れられないもの忘れてはいけないものありますよね。
俺は4年前に亡くなった父を思い出します。父がしてくれた愛情をそのまま自分の娘に引き継いで
忘れない日々を自分で作ってます。

きっと数年後、娘も自分のことを同じように引き継いでくれたらな~と感じながら。
たまの更新でも楽しみにしてます。お体御自愛くださいませ^^
2009/01/18 21:45 | URL | ma- [ 編集 ]

ma-さん、
親が子どもに与える愛情はとても大きくて、
子どもは絶対にそれをすべてお返しすることができないから、
自分も同じように子どもを育てることで愛をつないでいくのだ、
みたいな話を、何かの本で読んだことがあります。

私は子どもがいないので(上の理屈だととても親不孝者ですね^^;)
自分の実感としては分からないのですが、ma-さんのコメントを読んで
ほんとうにそういうことがあるんだなぁとおもいました。素敵ですね。

hanabi daysの更新に気づいて下さって、ありがとうございます。
今まで同様(?)忘れられた頃にどかっと更新、というスタイルで
ゆるくぬるく綴っていきますので、よろしくお願いします^^
2009/01/18 23:33 | URL | はなび [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/656-358417e0

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。