2017・03

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/01 (Wed) penless, cameraless, speechless
すこし前、上司の上司が別の国に転勤していきました。彼が日本に赴任してきたとき、前の国の送別会で、チームメンバーが泣いたと聞いています。そのときには、情熱的なお国柄なんだなぁ、とおもったのですが、ものしずかなはずのサムライの国・日本の送別会でも、泣くひとが出ました。そういうひとでした。

そしてきょう、彼の後任を迎え入れるために、PCの古いファイルを整理していたら、彼が赴任した当時のメモが出てきました。外資系の会社であっても、「まだよく知らないひとに英語で話しかける」のには、ちょっと勇気がいります。だから、「テニスが趣味なんですってね。僕もすきです」みたいに、みんなが彼に気軽に話しかけられるようなきっかけをつくりたかった。それで、彼が赴任してきて数日のうちに、仕事上の夢からプライベートなことまで口頭で質問をし、彼の答えを書き取って、チームに回覧したことがあったのでした。

質問を終えて、私がお礼をいい、立ち上がったとき、彼はたしか、「今までの質問は、あなたが考えたの」とききました。私が「違います。チームのひとたちに、あなたに訊きたいことを聞いて回ったんです」と答えたら、彼は微笑んで、「僕はみんなが何を考えているか知りたい。これからもインプットしてね」といいました。

それから3年。彼の送別会でのスピーチは、私が3年前に聞いた質問のすべてに、そして私が3年の間にインプットしてきたことに、1字1句、応えるものでした。私は彼に何を訊き、何を伝えたか、忘れていました。でも、彼はたぶん、覚えていてくれたのだとおもう。そういうひとでした。

涙を浮かべるチームメンバーと彼の写真を次々と撮っていたとき、彼はふと後ろを振り返って、「はなびさんはいつもカメラの後ろ側にいるんだ。たまには撮ってあげて」と、私からカメラを取り上げてしまいました。

初めてペンもなく、カメラもなく、手帳もPCもなく、くすぐったいきもちで彼の隣に立ったら、「ありがとう、この3年間、あなたと同じチームで働けてしあわせでした」と伝えるのが精一杯でした。もっと英語が流暢で、もっと緊張していなかったとしても、私はこれ以上のことばは持っていません。

ありがとう、あなたと同じチームで働けて、しあわせでした。

ebisu sky

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/694-f6f84022

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。