2017・05

<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/31 (Sun) 同じ時代の
恵比寿の写真美術館に行きました。今回のお目当ては、いま生きている、新進の写真家さん6人が撮った「旅」の展示。展覧会だけではなく、トークショーにも足を運んでみました。トークショーは初めてでしたが、お話を聞く前と聞いた後で写真の見え方というか、見る深度が変わって、おもしろかったです。同じ日に木村伊兵衛/ブレッソン展も見たけれど、木村さんにはもう、直接お話をきくことができない。同じ時代に生まれ、生きているという幸運。

以下、トークショーでお話をきけた3人の写真家さんたちについてメモ。

出発―6人のアーティストによる旅/東京都写真美術館

■石川 直樹さん
1977年 東京生まれ。展示作は富士山。…といって思い浮かぶような「三角形の山が遠くに悠然とそびえていて、夕陽が照り映えている」という写真は1枚もない。彼の写真の富士山は、ごつごつと黒い山肌をさらしている。麓の町の火祭り、樹海に生える草、誰もいない斜面、白く骨のように立つ鳥居、きりたった崖。山とおなじ三角形に展示された作品群は山頂に近づくほど厳しさを増していく。「絵葉書や浮世絵のような富士山は撮りたくない」とヘリコプターを寄せたり、離れたりしながら単焦点レンズで撮っている彼の写真は「自分が見たままがうつらないのが面白い」のだそう。

■百々 武さん
1977年大阪府生まれ。日本の島々に着目している。北海道の雪嵐の中"ナマ脚”で歩く女子高生、沖縄の畑で腰を下ろす男性、彼の撮る島の風景には、必ず人がいる。「人しか撮りたくない」という彼は、でも、撮った写真を自分がそのとき、その場所にいたことを示す「自分ドキュメンタリー」でもあるといっていた。ときには畑の中で何時間も雑談してから、ときには銭湯の中で自分も裸のまま撮っている写真が、単なる他者の記録であるはずはない。

■内藤 さゆりさん
1978年広島県生まれ。展示作はポルトガルの風景。日本にとっての最初の西洋だったポルトガルがいまも長崎出島の印象のままなのを不思議に感じ、新婚旅行に旦那さまをほったらかしにし、いまのポルトガルを撮ったそう。光と色彩に溢れた写真は、そこにあった現実の風景というより、「私にはこう見えた」という彼女なりの真実の風景。正方形の写真を撮る理由は「時間はどんどん過ぎていくから、縦か横かを悩みたくない」。ふんわりした写真は、ふんわりしたきもちからではなく、ふんわりした写真を撮るという固い意志から生まれているのかもしれない。

写真は公園のミツマタ。
winter white


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/746-bfe6e132

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。