2017・04

<< 03 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 05 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/02 (Mon) 少年(もどき)
hydrangea

私にはどこか、女として、人間として欠陥があるのかもしれない。周囲の人々と馴染めないし、彼らの価値観も共有できない。彼らが笑うツボも、腹を立てる地雷も、私には分からない。・・・私はただ、彼らと同じように「人間扱い」されたいだけなのに。他愛ないことで一緒に笑ったり泣いたり、彼らが日常的にしているそんな経験も、私にはない。
―中村うさぎ『私という病』


小学校でスカートめくりが流行ったことがある。男の子たちがふわりとスカートをめくると、女の子たちがキャア、と悲鳴をあげる。じぶんのスカートがめくられたときには、何が起こったかわからず、ただ驚いた。ひとりで電車に乗る歳になると、痴漢に遭った。もっと大きくなってからは、酔った男性に絡まれた。ストーキングにも遭った。怖かった。どうして私ばかりこんなに、とおもった。何か欠陥があるのかもしれないとおもった。だから、男ともだちに聞いた。「はなびはじっと見るからね」と彼はいった。「じっと見て笑ったら、勘違いする男も出るよ」。

―出かけられなくなった。目を見て話せなくなった。笑えなくなった。だから、はじめは見ためを変えた。女の子に見えないように髪を短く切った。だぼだぼの服と大きなリュックサックでからだを隠し、キャップとめがねで顔を隠した。少年になりたかった。ふわりと風のようにスカートを揺らすだけの。大人になっても女性にならない彼らに。

たくさんのともだちのおかげで、そして何よりも<女の子>にみられる年齢を過ぎたことで、髪を伸ばし、ふんわりした服を着て、目を見て笑うこともできるようになった。でも、私はどこかで女性になり損ねたのだとおもう。きれいになりたいともおもうことも、自分から恋をしたこともない。甘いピンクもケーキもにがてなまま。女性といると、彼女たちがきれいで難しくて脆そうで緊張する。男性といると、重いドアを軽々と開ける彼らの強さに憧れながらかすかに怯える。これはたぶん少年(もどき)のメンタリティだ。私はいつになったら女性でいることに馴染めるのだろうね。

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/25 23:25 | | [ 編集 ]

ひみつコメントさん、
ありがとう!でも、世間一般と同じだったら、
たぶんもっと生きやすかったかなとおもうのです。
2010/08/28 11:00 | URL | はなび [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/770-fde6e925

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。