2017・03

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/24 (Fri) かけがえのあるひと
solitude

もし、自分の名刺を目の前で折られたり破られたりしたら、どんな気持ちになるでしょうか。まるで自分を否定されたかのように感じ、怒りさえ生まれてくるはずです。また、何かの間違いで、自分の籍や名前が無くなっていたとしたら、自分の存在が無いかのように社会は扱うはずですし、自分自身も自分の存在について希薄さを感じたり、逆にある種の自由さすら感じることが予想されます。
―佐藤雅彦/展覧会“これも自分と認めざるをえない”企画概要


じぶんが自分でいることが、ここのところたまらなく窮屈だった。からだが女性であることの煩わしさ、両親の娘であることの責任、手帳を埋め尽くしていく仕事。原油に濡れた水鳥のように、毎日に絡め取られていた。

このままでは潰れる。上司に休暇を申し出て、六本木に向かった。無機質なコンクリートの壁と床。指先を台の上にのせた。大学のフォト・ラボにあったライトボックスのような光の箱の中に、私の人差し指の指紋が、おたまじゃくしのように泳いでいった。

六本木から日比谷線で恵比寿へ。オノデラユキさんの写真展を観たあと、恵比寿ガーデンプレイスのベンチに座って、風に吹かれた。平日の恵比寿は人の気配が遠い。すごくひとりだ、とおもった。通りすぎるひとのうち誰も、私が誰か知らない。関心もなく、期待もしない。何週間かぶりで呼吸をした。

私はすきなひとたちが笑っていなかったら気になるけれど、笑っていれば気にならない。私がいることで笑ってくれたら嬉しいけれど、私がいなくても笑ってくれたらもっと嬉しい。そういうすきもあるのだと、わかってほしいと願うのは、わがままなことなのかな。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/773-1f567586

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。