2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/07 (Sat) ふらり銀座、日本橋


母の日のプレゼントを買いに、銀座にお使いにいった。最初は「銀座といえば和光で待ち合わせしたものよ。でも、待ってるあいだに何か買っちゃうからやめたの」と母が語っていた和光。初めて中に入ってみた。 じゅうたんがふかふかで、鞄や宝石がきらきらしていた。

大通りはファストファッションに占拠されつつあったけれど、脇道に入ると古いお店がたくさんある。母が私の最初のお箸を買ったお店もまだ残っていた。こども連れのお母さん、母の日のためにお箸を選ぶひと、夫婦いっしょにお箸を選ぶひと。お箸は暮らしの道具であるのと同時に、日本のひとの人生に寄り添う道具なのかもしれない。(そういえば、暮らし、人生、いのちは、英語では同じことばだね)




そのまま日本橋まで歩いた。震災の日、上司の車のなかで、何時間もかかった道。あの日1台もタクシーがいなくなっていた道に、ずらりとタクシーが並んでいて、こころがすこし、きゅっとした。

日本橋高島屋の屋上で一息ついたあと、日本橋三越にいった。おなじみのライオン。でも、その前には母に聞いた「日本橋木屋」の小さな店舗はない。新しくできた「コレド室町」に移転してしまったのだそう。母が知っている銀座や日本橋とは、もうずいぶん変わっているのだろうとおもう。三越でお買い物をして外に出たら、日本橋に灯りがともっていた。



母へのおみやげは、頼まれていたほうじ茶に、銀座くのやの「ありが糖」。手のひらサイズの箱に、キャラメルほどの大きさの塩羊羹が9つ。まわりの固い部分のしゃりっとした口当たりとほのかな塩気で、さっぱりといただける粋なお菓子。母の日の贈りものに、といったら、お店の方がちいさなカーネーションの飾りをつけてくださった。きょうも、うれしかったな。


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://roverandom.blog52.fc2.com/tb.php/805-04abea2f

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

はなび

Author:はなび
犬、紅茶、写真、美術館、お風呂、本、日本語がだいすき。2006年3月から、EOS Kiss DNと一緒にたのしくお散歩をしています。文章と写真は関係がないことが多いです。写真だけをまとめてご覧になりたい方は、hanabi days on flickrへもどうぞ。

ブログ、flickrに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from hanabi.. Make your own badge here.

ブログ内検索

PopupFlickr Plus

Flickr

選択ワード機能:
developed by 遊ぶブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。